フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« ハイドン博士の音響合成マシン | トップページ | 日本橋でお芝居 »

2010年11月10日 (水)

心優しき玩具たち

Tateno50 舘野泉さん演奏生活50周年記念コンサートを東京オペラシティに聴きに行く。

 間宮芳生:風のしるし
 末吉保雄:アイヌ断章(初演)
 Coba:記憶樹
 吉松隆:優しき玩具たち(初演)

 最後に出演者全員でシベリウス「カレリア」行進曲(わたくし編曲)。
 そして本日誕生日の舘野さんのためにお客さんと一緒に「Happy Birtyday」合唱。

 ソロ2曲はダイナミックで鬼気迫る演奏。Cobaさんの曲はご本人のアコーデオンでも聴いてみたい。末吉さんの新作は(作曲者自身の指揮も加え)まじめで現代音楽的な色彩豊かな音楽。対して、私の新作は(息子さんと弟さん&旧友2人という組み合わせもあって)家庭的でintimateな雰囲気。アンサンブルは完璧というわけにはいかないが、何と言うか(オモチャ箱を部屋に広げたような)微笑ましい心温まる音楽になっていた(ような気がする)。

 終演後、コンサート後半を聴きにいらした皇后様と、舘野さん&作曲家演奏家数名とでVIPルームで歓談。お会いするのは二度目。むかし皇后様と舘野さんとの連弾のために「子守唄」を書いたことがあり、「また書いてくださいね」と言われる。

 しかし、大曲ばかりの長丁場のコンサートだったにもかかわらず、舘野さん、お元気だ。「第2の人生」という言い方があるが、両手のピアニストとして一世を風靡したうえで、さらに今、左手のピアニストとしても一家をなしている。これはもう「2倍の人生」。羨ましき哉。

« ハイドン博士の音響合成マシン | トップページ | 日本橋でお芝居 »

コンサート、放送」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハイドン博士の音響合成マシン | トップページ | 日本橋でお芝居 »