フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 師匠の交響曲を聴く | トップページ | 心優しき玩具たち »

2010年11月10日 (水)

ハイドン博士の音響合成マシン

Haydnc Blog「月刊クラシック音楽探偵事務所」11月号更新。

 今回は、電子音楽〜コンピュータ〜シンセサイザーの黎明期の回想に絡めて、ハイドンの弦楽四重奏とオーケストラを語る「こじつけ&やぶにらみ音楽論」。

 でも、かれこれ30年以上も前、4チャンネルの音響モジュールが出た時「ああ、これは弦楽四重奏だな」と思ったし、コンピュータ制御のシンセサイザーが登場した時「これはオーケストラそのものじゃないか」と感じたのは事実。

 つまるところ作曲家というのは、今も昔も、音響合成マシン(オーケストラ&シンセサイザー)に楽曲データを入力する「プログラマー」なのである。

 そして、彼が見る夢こそが「音楽」なのだ。

 たぶん。

« 師匠の交響曲を聴く | トップページ | 心優しき玩具たち »

音楽考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 師匠の交響曲を聴く | トップページ | 心優しき玩具たち »