フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« キイボード肩にマウス肘 | トップページ | 今年最後の買い物 »

2010年12月28日 (火)

べっちんとまんだら

Bm eBookの新刊で読んだ松本次郎「べっちんとまんだら」に感心する。この人、HPの「魚座の部屋」でデビュー作「ウェンディ」(2000)を紹介したことがあるが、ダークな(リアルな悪夢のような)イマジネーションの飛翔が天才的で、かなり気になる作家の一人。

 この作品、河川敷に転がっている廃戦車に住む女子高生べっちんと友人のまんだらが主人公で、周りにいるのはすべてゾンビ化した杉並死民たち(++;)。武器を持った管理人と称する妙な男がこの河川敷を管理しゾンビ狩りをしているが、時々、爆撃機が死体を空から投棄し補充している…というふざけた設定の悪夢の世界。
 深く考えるだけ無駄なシュールな筋立てだが、絵柄を丸っこいマンガタッチにすれば意外と吾妻ひでお師のモーツァルト的JK世界と共通するので、それで気に入ったのかも知れない。

Sejo ただ、むかし「ウェンディ」を「この本面白いから」と若い女性編集者に貸したところ、口をきいてくれなくなってしまったことがあるくらいで(…なにしろ、この人の描く世界は、SEX・排泄・嘔吐・ドラッグ・血・殺戮・死体そして狂気がフツーに日常化しているアナーキーな世界なのです)、無防備な一般の人にお薦めしにくいのがチトつらいところ(++;)。

 最新の短編集「善良なる異端の街」も秀逸な傑作揃いなのだが、さしあたり「青少年の健全な育成」などという単語が頭の中に1ミリでもある人は、手に取らない方が無難。
 子供にも健全な大人にも読ませられない…どう間違っても朝日の推薦コミックスなどになるはずもない…けれど、漫画の表現技法の高さを芸術的レベルで具現している。世の中にはこういう作品もあるのです。

« キイボード肩にマウス肘 | トップページ | 今年最後の買い物 »

本CD映画etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キイボード肩にマウス肘 | トップページ | 今年最後の買い物 »