フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 金管楽器の楽しみ | トップページ | NHK-FMシンフォニーコンサート1月分収録 »

2010年12月11日 (土)

変拍子プログレの起源

Uplink 12月14日に渋谷アップリンクで行うイベント「空想音楽博物館 vol.2:クラシックとロックの間に」の打ち合わせ。

 色々プログレ談義をするうち「そう言えば、変拍子プログレの起源はどのあたりなんだろう?」という話になる。

 EL&Pの直接的な先駆としては、バーンスタインの「ウエストサイド物語」(1957)か。組曲版「シンフォニックダンス」(1960)映画版(1961)も含め、かなりロック風変拍子とオーケストラ(アレンジはバーンスタイン自身ではなく専門のオーケストレイター)が合体しているし、実際、ナイス時代のK.エマーソンは6/8と3/4が交錯する劇中歌「アメリカ」をアレンジしているし。

 で、そのバーンスタインの先駆ということになると(もちろんガーシュウィンなどジャズ系の影響も多大だが)、これはストラヴィンスキー「三大バレエ(特に「春の祭典(1913)」とプロコフィエフ&ショスタコーヴィチあたりだろう。変拍子を普通に格好良く使い始めた近現代の作曲家としてはこのあたりが起源だし。

 そして、そのストラヴィンスキーのさらに先駆というと、これはチャイコフスキー&ムソルグスキーか。幻想序曲「ロミオとジュリエット(1869)」は変拍子風オーケストラヒットが出てくるし、EL&Pが取り上げた「展覧会の絵(1874)」は冒頭からして5/4と6/4が交錯する変拍子だし。

 ということは、ロシア楽派こそがプログレの始祖?なのか・・・もしかして。

« 金管楽器の楽しみ | トップページ | NHK-FMシンフォニーコンサート1月分収録 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

異議なし。
道をたどればそうとしか言いようがありませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 金管楽器の楽しみ | トップページ | NHK-FMシンフォニーコンサート1月分収録 »