フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« Paul & Keith | トップページ | 曼荼羅フレア »

2011年2月 8日 (火)

ヴィネットのスペクトル

Vinette ピアノ曲「4つのヴィネット」op.105(2008)の改訂稿すすめる。

 ついでに、このくらいのピアノ曲の「音声データ」をコンピュータで読み取ってすぐさま楽譜にする(要するに、耳コピする)というような研究は進んでいないものかと、ネットの中で論文を探す。(早く、FinaleやSibeliusにそういう機能が付いて欲しい!)

 人の「声」を認識する(声の音声データを読み取って「ことば」として認識したり「文字」にしたりする)技術はかなり研究が進んでいて、携帯電話にも音声認識のソフトが付いているのは御存知の通り。
 最近では、複数の人の声を識別して認識する「ロボット聴覚」(京都大学のHARK)も登場。その方向で、ヴォーカルやギターやドラムスを個々に識別する…というところまでは辿り着いているらしい。

Graph_2 ただ、クロマベクトル(音階の12の音の周波数帯域を特出して検知する)という発想での音楽解析システムの研究はあるものの、「ドレミファの音高の周波数を読み取り、それを時間軸上に再構成する」という(音楽学校の入試レベルの)簡単なことが、(単音なら出来るのだが)複数の音になると出来ないのが現状。

 大きな経済効果が見込まれる「音声認識」技術と違って、莫大な研究費を投入してそれが出来たところで、のど自慢大会の審査員ロボットとか、カラオケの採点マシン(あるいは無精な作曲家の耳コピ補完ソフト)くらいにしか使えなかったりするのがネックなのだろうか?

 まあ、確かに「どうしてそんなことが出来なくちゃならないんですか?」と仕分け人に言われたら、返す言葉もありませんが。

« Paul & Keith | トップページ | 曼荼羅フレア »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Paul & Keith | トップページ | 曼荼羅フレア »