フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« FMシンフォニーコンサート5月分収録 | トップページ | 二十絃箏リハーサル »

2011年4月30日 (土)

無連休

Cat0430 月末〆切…という約束のアレンジスコア3曲(震災チャリティコンサート用)、ようやく完成。

 Finaleのデータから汎用のPDFファイル(1曲600KB強)に落として,3曲ともメール添付で送付。
 うち一曲はパート譜(全8パート)も作成。Finaleでは「パート譜を書き出す」というボタンをクリックすると自動的に作ってくれる・・・のだが、やはりそこは機械のやること。細かい修正があちこち必要で、結局一日仕事になる。
 こちらは容量が大きい(3.5MB)ので宅ファイル便というので送付。

Cdxsample 続いて、Finale+MIDIで演奏して「音」を作る。
 Finaleに標準装備されている「Garritan Instruments」には、ピアノや管楽器・弦楽器など生っぽい音が多少は揃ってるので、初演前の作品を「こんな感じの音楽」と演奏家の方に伝えるには実に便利。
(もちろん,この手の音を嫌う人もまだ多いけれど…、二十世紀科学少年の末裔としては、まるでドラえもんの魔法の道具を手にしたかのようで、嬉しくてたまらなかったりする)

 出来た音源をiTunes経由でCDRに焼き、世界で1枚の「CD」完成。
 もちろん生演奏とは比ぶべくもないけれど、これも立派な生まれたての「音楽の芽」。苦労して作った身には、可愛くも愛おしい。

« FMシンフォニーコンサート5月分収録 | トップページ | 二十絃箏リハーサル »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« FMシンフォニーコンサート5月分収録 | トップページ | 二十絃箏リハーサル »