フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 光風会展 | トップページ | 京都の桜 »

2011年4月14日 (木)

題名のない音楽会@収録

Daimei11414 東京オペラシティで「題名のない音楽会」収録。

 今回は、フランクの交響曲ニ短調を取り上げ、転調おたくフランクの謎に迫る……「調性って何?」にゲスト出演。指揮:佐渡裕、演奏:兵庫芸術文化センター管弦楽団。

 時節柄、リハーサルの前にはしっかり地震の避難訓練があり、始まる前には、舞台袖でアシスタントのアナウンサー嬢(本間智恵さん)が「どうか本番中に揺れませんように」とお祈り。

 放送は、まだまだ先の9月頃。その頃には、もう日本は落ち着いているのだろうか。

« 光風会展 | トップページ | 京都の桜 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

今朝、拝見いたしました。調性談義。大変興味深かったです。
『「運命」はなぜ ハ短調で扉を叩くのか?』も近いうちに読ませていただきます。Amazonのレビューを見ますともの凄い異論もあるようですが、それって例えるならば「顔とは感覚器官の目と鼻と口がついているただそれだけだ」っていっているようなもので、それってなにか違う気がします。調性もそのようなもので、そこが調性の不思議さ面白さかもしれません。
わたくしはcis mollが大好きです。私が尊敬するシンセサイザー奏者のヴァンゲリスの曲に、cis moll の曲が多いです。楽譜の読めないという氏が、敢えて壮大かつ神秘的な雰囲気を出すためにキーボードで弾きやすい c moll ではなくてcis mollを選択しているというのはやはり氏は凄いなと思います。
p.s. 「ハーモニーの科学」(!?) 未だでしょうか。早く読みたいです!!!。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 光風会展 | トップページ | 京都の桜 »