フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 大作曲家診断@電子書籍化 | トップページ | 音楽の力・夢の力 »

2011年4月 8日 (金)

暗い桜、東からの挽歌

Img_0322 震災のため録音が延期になった二十絃作品集CDのリハーサルのため、吉村七重さんの練習室へ。
 今回録音予定の新曲「夢詠み」は、もちろん震災前(去年の秋)に書き下ろしたものなのだが、吉村七重さんは「なんだか震災の追悼の音楽みたいね」とぽつり。
 
 ちょうど、震災の直前に福島県いわき市での学校訪問コンサートに行った話を聞き、(その際の女子学生たちの手紙なども見せてもらい)心中穏やかならず。
 こちらも、今月下旬に、南相馬市の文化会館(ゆめはっと)における舘野泉さんのリサイタルで、拙作「優しき玩具たち」の再演が予定されていたので、福島の動向は気にかかる。(ここは、「アイノラ抒情曲集」のレコーディングを行った場所。ちなみに、ホール自体は無事で、震災直後から被災した方々の避難所になっているとのこと)。ふたたび音楽に満たされる日が一日も早く訪れるよう祈るばかり。

 先日は、アメリカのラジオ局から、震災がらみで日本の音楽を流すことになったとかで「朱鷺によせる哀歌」と「交響曲第2番:地球にて」への問い合わせが来た。音楽もだが、「哀歌」と交響曲第1楽章の「挽歌(Dirge)…東からの」というタイトルが引っ掛かったらしい。
 確かに、楽想は「東(アジア)から聞こえてくる追悼歌」なのだが、そういう脈絡で聴かれるときが来ようとは・・・

 昨夜(7日23時)も大きな余震があり、まだ今回の震災が(原発の件も含めて)進行中であることを改めて思う。
 東京の桜は満開になったのに、何となく空が暗く、風も強いため、早くも散り始めの気配。不思議な空気に満ちた春だ。

« 大作曲家診断@電子書籍化 | トップページ | 音楽の力・夢の力 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大作曲家診断@電子書籍化 | トップページ | 音楽の力・夢の力 »