フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日/29日
    ・11月05日

« マリンバ協奏曲リハーサル | トップページ | iPad 2 »

2011年5月21日 (土)

マリンバ協奏曲@東京初演

20110521 文京シビックホール〈響きの森クラシックシリーズ〉にて、マリンバ協奏曲「バードリズミクス」東京初演。
 Marimba:三村奈々恵、藤岡幸夫指揮東京フィル。

 元々は、海外や地方の小さなオーケストラと(少ないリハーサルでもすぐ)演奏できるような…易しくていくぶん小振りでシンプルなコンチェルト…を注文されていたような気がするのだが、昨年の猛暑で妄想が肥大。全3楽章で30分を軽く超えるグランド・コンチェルトになってしまった。

 弦はピチカートの嵐だし(最初は全編ピチカートだけ!という仕様も考えていたほど)、パーカッションは完全にラテン系のノリだし(まともに叩くと掌が真っ赤に腫れてしまうので危険)、ソロパートは……ほとんど休みなしで叩きっぱなしだし。(すみません。作曲家は「演奏家の都合」などということは微塵も考えないのです)

521b そんな難曲にもかかわらず、初演以来伝統の「完全暗譜」で超絶演奏を聴かせてくれた三村奈々恵さんに拍手。

 でも、演奏技巧と共にかなり体力を要するため、腕や肩にかなり筋肉が付いてしまうのが難点とか・・(>_<)。女性演奏家にとっては別の意味で難曲・・・?

« マリンバ協奏曲リハーサル | トップページ | iPad 2 »

コンサート、放送」カテゴリの記事

コメント

10年来のファンですが、今回初めてコンサートに行かせて頂きました。
吉松さんご本人をお見かけできれば良いなと思っていましたが、
ホールの入り口に普通にいらっしゃってビックリしました(笑)。

マリンバ協奏曲は良かったです。
自宅でも気軽に楽しみたいので、早くCD化される事を願っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マリンバ協奏曲リハーサル | トップページ | iPad 2 »