フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・06月04日/11日/18日
    ・07月02日

« 気分転換 | トップページ | OSX Lion vs EXCEL 2008 »

2011年8月 4日 (木)

渦巻き鳥組曲

Spbd 夏のもう一つの大仕事、ホルンとピアノのための組曲(福川伸陽氏委嘱作品)の作曲を再開する。

 ホルンはカタツムリに似ている…とは昔から思っていたことだが、「Horn = Snail」ネタは以前ユーフォニウム(Euphonium)の作品(外園祥一郎氏委嘱による「メタルスネイル組曲」)でやってしまったため、今回は「スパイラルバード(渦巻き鳥)組曲」と命名。

 新しい楽器の名手が登場し、思いもよらなかった曲が生まれる…というのは作曲家という仕事の面白さの最たるものだ。
 むかし、須川展也氏にサクソフォンの曲(ファジーバード・ソナタ)を書いたときがそうだった。彼に新曲を頼まれるまで「サクソフォンの曲」を書こうなどと一度も思ったことはなかったし、サクソフォンという楽器の印象は「ジャズの楽器」というだけだった。
 さらに、出来上がって楽譜にしたときも「こんなメチャクチャな曲を人間が吹けるんだろうか?」と思った。演奏した須川氏も初録音のスタジオで「(部分的には吹けても)全曲続けて吹くのは無理」と肩で息をしながら言っていたほどだ。
 しかし、あれから20年。現在ではサクソフォン・コンクールの課題曲としてみんな普通に吹いている。演奏の進化というのは怖ろしい。

Eupho 今度の曲もよく似ていて、そもそも福川伸陽氏がぱかぱかとホルンで「ラプソディ・イン・ブルー」を吹きまくるのを聴くまでは、「ホルンの曲」を書こうと思ったことは(ホルンが入る室内楽曲は幾つか書いているものの)なかった。それに、今、ある程度まで楽譜を書き終えて「こんなメチャクチャな曲を人間が吹けるんだろうか?」と思っている。

 さて、どうなるか楽しみである。
 もちろん、ホントに「吹けませんでした」というオチになる危険性も高いのだが・・・

« 気分転換 | トップページ | OSX Lion vs EXCEL 2008 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気分転換 | トップページ | OSX Lion vs EXCEL 2008 »