フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 楽譜・CD・録音・ひびき | トップページ | 遅い夏休み »

2011年9月 6日 (火)

FMシンフォニーコンサート10月分収録

Fmsymq NHK404スタジオで「FMシンフォニーコンサート」10月分2本の収録。

 10月2日放送分は、ショスタコーヴィチの作品集。組曲「ハムレット」(劇音楽op.32)、ピアノ協奏曲第1番(p:ジャック・ルヴィエ)、交響曲第5番。ロナルド・ゾルマン指揮東京フィル。
 個人的に、ショスタコーヴィチというのは「下手なオーケストラがごりごり演奏する白黒モノラルな音楽」という印象で染み込んでいて、上手いオーケストラで丁寧に演奏されるハイビジョン・カラーのショスタコーヴィチを聞くと「遠い時代」を感じる。鉄錆や血や硝煙の跡を洗い落とされてきれいに塗装された(戦争博物館の)戦車のような…。

 10月9日放送分は、三善晃「管弦楽のための協奏曲」、武満徹「オリオンとプレアデス」(vc:堤剛)、シベリウス交響曲第2番。尾高忠明指揮東京フィル。
 シベリウスの2番は明治34年(1901年)の作。日本では森鴎外や夏目漱石や滝廉太郎がヨーロッパ留学に勤しんでいた頃だ。シベリウスもこの曲を書く10年ほど前ベルリンに留学し、帰国してフィンランドに西洋クラシック音楽を根付かせた。そして、日本でもそれから10年ほど遅れて山田耕筰が留学、日本でオーケストラの歴史が始まった。あれから100年・・・そう思うと、2つの日本の現代作品がなんとも愛おしく聞こえる。

« 楽譜・CD・録音・ひびき | トップページ | 遅い夏休み »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽譜・CD・録音・ひびき | トップページ | 遅い夏休み »