フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日

« 大河ドラマ初映像 | トップページ | 馬の思想 »

2011年9月18日 (日)

題名のない音楽会

Daimei918 題名のない音楽会(テレビ朝日)「調性って何?・フランク交響曲ニ短調」に出演。

 調性オタク:フランク先生の交響曲を取り上げるに当たって「調性とは何か?」を解説して欲しい、と言われたものの30分番組ですべて話すのはとても無理。そこで、「倍音」の話も「音階」の話も「#♭」の話もすっ飛ばして「色」という視点で取りまとめることに。

 ハ長調からロ長調までを無理やり「虹の七色」にこじつけて、フランクの曲の転調に合わせて照明で表現する…というのは(スクリャービンもやっていたが)まさにテレビ的。調性の変化が実際に「色彩」として見える人(共感覚という)には、あんな風に音楽が「見える」わけだ。(ちなみに、私には音符しか見えない)。元ネタとなった著書はこちら

 余談だが、収録は東日本大震災からひと月ほどしかたっていない4月の中旬。いつ大きな余震があるか分からないので、本番前スタッフが「揺れませんように」と舞台袖でお祈りしてからの収録だった。



 ◇追記
 調性やハーモニーは、音楽の基本中の基本でありながら
 ・音楽的(#♭とか和声法とか)
 ・科学的(波形とか自然倍音とか)
 ・感覚的(明るい暗いとか、色彩とか)
 の3つを統合する視点がまだない。

 その理由は簡単で、音楽家は音楽を科学で割り切られることを極端に嫌い、一方で、科学者や研究者は数値や公式化できない感覚や感性を基本的に信じないからだ。そのせいもあって、未だに「音楽」を語るいかなる単位も、検出するいかなる測定器も存在しない。

 だとしたら、その全貌を見据えるには、両方に属さない怪しげな立場(素人探偵)の視点から、胡散臭い理屈(思いつきと状況証拠の積み重ね)で解いてゆくしかない。それが「作曲家(もっとも怪しい音楽家であり胡散臭い科学者)」の視点だったりするわけだ。

« 大河ドラマ初映像 | トップページ | 馬の思想 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大河ドラマ初映像 | トップページ | 馬の思想 »