フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« 歌・うた・UTA | トップページ | iCloud »

2011年10月11日 (火)

渦巻き鳥組曲@初演

111011_l 東京オペラシティ(リサイタルホール)福川伸陽ホルン・リサイタルへ拙作「スパイラルバード組曲」初演を聴きに出向く。

 スパイラルバード組曲
 Spiral Bird Suite op.111(2011)

 渦巻き鳥のための5つの螺旋形のシーンからなる舞踊組曲。
 1.Bird Spiral。鳥の螺旋。渦巻き鳥の登場。
 2.Cool Bird。クールな鳥のステップと舞踏。
 3.Romance。ロマンス。渦巻き形の夢の歌。
 4.Lunatic Bird。狂気の鳥。カデンツァ付き。
 5.Spiral End。終曲あるいは螺旋の旅の終わり。

 世界のどこかに「渦巻き鳥(Spairal Bird)」と呼ばれている鳥がいる(らしい)。ただし、その姿形が渦巻き状なのか、鳴き声が螺旋形なのか、長い首が渦巻き形に巻いているのか、それとも飛び方が螺旋を描くからなのか、あるいは存在そのものが渦巻き(?)なのか、それは不明である。この曲は、そんな渦巻き鳥の誕生と旅の遍歴を描いた架空のバレエ組曲でもある。

 福川伸陽氏の委嘱で2011年春から夏にかけて作曲。「ホルンという楽器にとらわれないで書いていただきたい」というリクエストだったので、本当にホルンにこだわらない(こんな曲をホルンが吹けるのか?というような)超絶な曲を書いてしまった。ここからホルンの新しい時代が始まるのか、あるいは恐ろしい時代が渦を巻き始めるのか。それは書いた本人にもわからない。op.111。(曲目解説より)

« 歌・うた・UTA | トップページ | iCloud »

コンサート、放送」カテゴリの記事

コメント

2011年・op.111と直線的な「1」が並んでいるのに、「螺旋」。
 
  ・・・・・・遊び心ですか?暗号ですか?それとも偶然ですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 歌・うた・UTA | トップページ | iCloud »