フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 雅楽の収録 | トップページ | 音楽収録1 »

2011年10月15日 (土)

忙中Q

Ultraqb 買ってしまいました。総天然色ウルトラQ Blu-ray BOX・・ ( ̄▽ ̄)

 「ウルトラQ」というのは1966年(昭和41年)に放送され、日本中の少年たちを熱狂させた空想特撮テレビドラマ(25分、全28話)。
 オリジナルはモノクロなのだが、今回はそれを現代の最新技術でカラー化(というより〈総天然色〉という雰囲気がぴったり)したもの。

 これがなかなか凄い。ナメゴンの質感、マンモスフラワーの色彩、ペギラの三白眼・・・すべて「実はカラーで撮ってあったんです」と言われたら信じてしまいそうなクオリティ。少年の頃、わくわくドキドキしながら見ていた記憶が蘇る。宮内國郎氏の印象的な音楽もいい。

 実は、この「ウルトラQ」、10年ほど前(2001年)に今は亡き実相寺昭雄監督らとリメイクの話があり、テーマ曲を始め本編の音楽20曲ほどをオーケストラで録音したことがある。(きっかけは、日本ショスタコーヴィチ協会の会合で、ショスタコ好きの実相寺監督とお会いし、怪獣話で盛り上がったことから)

 ところが、音楽を録音しただけで企画は立ち消えになり、その時に録音した(結構予算と手間をかけた)音楽も幻になってしまった。

 怪奇映画だけに奇怪な話である。

« 雅楽の収録 | トップページ | 音楽収録1 »

本CD映画etc」カテゴリの記事

コメント

怪奇番組ってウルトラQだったんですか!!?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雅楽の収録 | トップページ | 音楽収録1 »