フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« ホームズ05/06 | トップページ | 取材@NHK »

2011年11月19日 (土)

サントラ盤サンプル

Cdkiyom 大河ドラマ@サウンドトラック盤のサンプル制作。

 収録した50曲ほどの中からCD1枚分の20数曲を厳選するわけだが・・・個人的に愛着があるのは、最初にテーマ曲として書いたものの「あまりにも大河ドラマのテーマ曲っぽすぎる」という理由で不採用になった〈初号機A〉。

 この曲、実は17歳の時に書いた「架空の大河ドラマのためのテーマ曲」をベースにしたもので、録音した時、指揮の藤岡幸夫氏も(ひとことも説明しないうちから)「これが一番大河ドラマっぽいじゃないですか!」と叫んだ曰く付きの曲。

 どれがその曲かは・・・サントラ盤を買った人だけが分かります。(ちなみに、最終的にテーマ曲になったのは、初号機〜壱号機〜弐号機を潰した後に書き上げた〈参号機のタイプB〉)

 余談ながら・・・番組のHP「特報」動画などでBGMに使われている〈タルカス〉は、演出サイドからの「どうしても!」という強い要望で参入が決定したもの。しかも、CD(タルカス〜クラシックmeetsロック)の音源そのままではなく、冒頭部分のみわざわざスタジオ録音し直したほどの入れ込みよう。ただし、サントラ盤には収録されないので、聴きたい人はオリジナル盤か上記CDで。

« ホームズ05/06 | トップページ | 取材@NHK »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

ベタなジブリらしいテーマ曲と、斬新な「こんなんでいいだろうか…」と両方用意して、後者が採用になったらしい。 (久石譲・ハウルの動く城)
「創造力で大きな仕事をしていく人たちは予定調和を嫌う。だから、こちらも、毎日が真剣勝負である。」(久石氏の著書より)
……釈迦に説法すみません!! coldsweats01

『江』のある意味“女子向け”が終わった処で流れたタルカス!血が騒ぎました。
(あ、一応女子です、はい。プログレ&現代音楽のサプリは矢鱈呑んでますが)
しかし、「あれ、CDだったらもっと木琴のアタック音デカかったし、そもそもドラの“ジャーン”がカッコ良かったのになぁ」
こちらのサイトで全ての謎が解けました。
と言うか、メインテーマ以外にあんな曲を新録してしまう処に来年の“本気っぷり”が感じられます。
1年間、吉松サウンドに耽溺させて頂きます♪

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホームズ05/06 | トップページ | 取材@NHK »