フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« サントラ盤マスタリング | トップページ | CD吉松隆:夢詠み/吉村七重 »

2011年12月14日 (水)

平清盛第一話試写映像

Kiy0om1 大河ドラマ「平清盛」第一話(1月8日放送予定の74分拡大版)の試写用映像を見せてもらった。

 1960年代から50年間見ている「大河ドラマ」ファンとしてまず驚くのは、映像のクオリティの高さ。独特の空気感というのか、今までのテレビドラマとも映画とも違うリアルな世界の質感がきわめて印象的だ。

 ちなみに、音楽は、各シーンごとにその音楽を書く…というやり方ではなく、様々な状況を想定した音楽のパレット(素材集)を総合的に作り、それを音響(選曲)の専門家が配置してゆく…というやり方で制作。
 なので、音楽担当なのに、どこにどんな音楽が付いているかは完成版を見るまで分からない(笑)。でも、今回試写で見て「なるほど、ここでこう来るか」と良い意味で裏切られる感じがとても心地良かった。これは作曲家だけが味わえる至福の境地。

 まだ主なる登場人物がほとんど登場していない第1話でこのテンション。この勢いで1年行くのかと思うと(自分が音楽を担当していることも忘れて)かなりのわくわく感に襲われる。

« サントラ盤マスタリング | トップページ | CD吉松隆:夢詠み/吉村七重 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サントラ盤マスタリング | トップページ | CD吉松隆:夢詠み/吉村七重 »