フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 大河ドラマQ&A:3 | トップページ | 取材 x6 »

2012年1月19日 (木)

大河ドラマQ&A:4

Q:今様を敢えて3拍子にしたのは何か理由がありますか?

A:2拍子系というのは(私見ですが)「1・2.1・2」という「行軍」や「揃える」ことを強いられるリズムです。
 一方、3拍子というのは「1・2・3」のステップで一回転する「円運動」のリズムで、当然、戦闘や統一行動には不向き。つまり、ある意味「自由」と「平和」を象徴する庶民の側のリズムと言えます。
 そこで、2拍子系の(争いあう)「平家」「源氏」「朝廷」のモチーフに対して、争いのない(子供が遊ぶような)リズムとして3拍子系を選択しました。

Imyo


Q:タルカスのような5拍子はまさか平安時代にはありませんよね?

A:雅楽には「八多羅(やたら)拍子」というのがあって、これは2拍子と3拍子を交互に奏します。ですので、2+3=5拍子の「平安プログレ」もありえなくはなかったということになります。
 しかし、こういう変拍子は難しくて演奏しにくかったようで、「めったやたら」とか「やたらと難しい」という言葉の語源になっています。

54

« 大河ドラマQ&A:3 | トップページ | 取材 x6 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大河ドラマQ&A:3 | トップページ | 取材 x6 »