フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« テーマ曲スコアほか | トップページ | 第2回放送 »

2012年1月14日 (土)

散歩雑感@夢は枯れ野を

Gyoena 近くの公園を散策しながら「宇宙人に音楽は分かるか?/ロボットに音楽を教えることが出来るか?」という妙なテーマの本についての構想を練る。

 先日、その出版打合せで、(そういう話に乗ってくれそうな)理系の作曲家として別宮貞雄さんの名前が出たのだが、その翌日訃報を聞く。享年89。

 別宮さんは、東京大学理学部を卒業してパリ音楽院で学んだ理系&理論派の作曲家。しかし、戦後の無調や前衛の「一見理系で理論っぽい音楽」を批判して、「調性」の美しさやロマン的表現を固守した(「現代音楽撲滅運動」のパイオニアと言うべき)大先輩である。

 歯に衣着せぬ論客として恐れられる一方、現代音楽協会の委員長を務めるなど、後輩作曲家たちの面倒見もよく、私も、デビュー作「朱鷺によせる哀歌」を世に出すにあたっては大きなフォローをいただいた。

Beethwalk 先日は、林光さん(大河ドラマ「国盗り物語」「花神」「山河燃ゆ」も担当された大先輩)の訃報も聞き、作曲家の老後について悶々と思いを馳せていたところへ、ベートーヴェン晩年の手紙が見つかったというニュース・・・

 第9交響曲や荘厳ミサ曲を書いている(絶頂期のはずの)52歳頃に書いた手紙なのだが、中身は、お金がなくて大変であること、作品が売れないので買い手を見つけて欲しいこと、目が悪くなり病気がちであることなど窮状を訴えるものだそうで・・・

 ・・なんだか泣けてきてしまった。

« テーマ曲スコアほか | トップページ | 第2回放送 »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テーマ曲スコアほか | トップページ | 第2回放送 »