フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・12月10日/24日

« 秀吉 vs 清盛 | トップページ | インストアイベント »

2012年2月25日 (土)

Finale 2012

Finale2012 楽譜作成ソフト Finale の最新版 2012届く。

 日本版は、今までのe-frontierに代わってMI7(エムアイセブン)からの供給。2011版以前からのユーザーは登録情報などが自動的に移行されているので,販売代理店が代わったと言うだけで使用環境は変わらず。

 しかし、今回のように販売代理店が代わると一瞬どきっとする。なにせ、ここ15年ほどの曲はすべてFinale作成なので、このソフトがなくなってしまうとアウト。
 数年前に、EGWordというワープロソフトの会社が無くなった時、デビュー以来20年分の原稿がほとんど開けなくなって偉い目にあったが、その悪夢が頭をよぎる。

 紙の本や楽譜なら燃やさない限り一瞬にして消えるなどということはないが、ディスクやネット上のデータは,人間が一生かけて書いたものでも巨大図書館一軒分でも、あっと言う間に音もなく消えて跡形も残さない。
 データのバックアップは必須だが、複数の形式での保存など(もしもに備えた)危機管理も必須だ。

 色…と思えど、それ即ち「空」。

 コンピュータ&ネットの時代になって改めて古き仏教の教えが身に染みる。

« 秀吉 vs 清盛 | トップページ | インストアイベント »

ネット、パソコン」カテゴリの記事

コメント

EGWord Universal、まだ私のMacにはインストールしてありますよ。Snow Leopard環境のままなので今のところ問題なく開きます。吉松さんの書類も開けるんじゃないかなぁ。

なるべく早いうちにPDFにした方が良いでしょうが、それまで古いMacを手元に残すしかないでしょうね。

所詮、電子データとは0と1の組み合わせの集合体でしかない。

吉松先生ほどのコンピュータ使いだからこその、苦い経験とその後の対策強化は、見習わなければと思いました。
ちょっとした不注意や転機がきっかけでデータが一瞬にして消える、開けない……電子データの宿命は、どんなに技術が発達したところで、なくなることはないのでしょう。
わたくしも、小学生の頃「コンピュータ」なるものに一目ぼれした人で (カセットテープにデータを保存していた時代)、仕事で毎日向き合う中で、データの誤消去、ハードディスクのクラッシュetc... 大小様々な失敗を経験してきましたが、きちんと危機管理を意識し続ければ、それらはある程度防ぐことはできます。
電子データの宿命を忘れることなく、これからもコンピュータという素晴らしいパートナーと楽しくやっていきたいですね。

EGWord、OSX 10.7 Lionから開けなくなりました。
5(1995)以前のものはSimpleTextで開けますが
6.7以後の文書は完全にアウトですcrying

それを読むためだけに
旧PowerPC環境のPowerBookG4を未だに手放せません。

……それは大変でしたね…。
(ーー;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秀吉 vs 清盛 | トップページ | インストアイベント »