フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 新紀行録音 | トップページ | 音符と総譜と音楽と »

2012年2月 8日 (水)

音楽調合

Waves 新聞の取材を受ける。以下、オフレコ話。

 作曲…というのは、「何かを表現する」という感性の行為ではなく、神経のどこを引っ張ると涙腺が刺激されるとか、どういう化学成分をかがすと心拍数があがるとか、そういうことを研究するきわめて理性的な人体実験的行為のような気がするんですよね。

 音楽って、どこか麻薬とか毒薬と似てるでしょう。摂取すると夢心地になったり眠くなったり興奮したり失神したり…。こういう和音にこういう和音を繋げると人は「泣く」とか、こういうリズムにこういうノリを付けると「興奮する」とか(笑)そういう薬物的な効能や致死量があると思うんですよ。

 それを研究するマッド・サイエンティストのようなものが作曲家というか(笑)。言って見れば、毒薬の調合師みたいなもので、心動かされる音楽を書く人ほど実は悪魔なのかも知れないですね・・・(^_-)-☆

« 新紀行録音 | トップページ | 音符と総譜と音楽と »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

心動かされる曲を書く人ほど実は悪魔だとしたら…

•演奏家→悪の教団員?
•指揮者→悪の教祖?

こんなイメージでしょうか?
f^_^;)

毒と薬は紙一重と聞きますので、適度であればいいと思います。
(笑)

理系ちゃん最高!!coldsweats01
陽子・中性子・電子の組み合わせの違いだけで何故違う性質の元素が生まれるのか!? 究極の謎です。音楽も同じ。

つい最近読んだ、バウル・ヒンデミット「作曲家の世界」に出ていて驚いたのですが、古代ギリシャの幾何学者エウクレイデス、古代ローマの天文学者プトレマイオス、物理学者ホイヘンス、数学者オイラー、天文学者ケプラーは音楽理論に関する本を書いたり、音楽理論から影響を受けているのだそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新紀行録音 | トップページ | 音符と総譜と音楽と »