フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« 面白がる目・面白がれる耳 | トップページ | 楽譜:ヴィネット »

2012年3月11日 (日)

・・・あれから1年

Cut311

« 面白がる目・面白がれる耳 | トップページ | 楽譜:ヴィネット »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

吉松さん、初めまして  こんばんは。m(_ _)m<長文になります>
いつもNHKの大河ドラマを拝見しております。
もちろんテーマ曲も、毎回拝聴しています。とてもいい曲ですよね(^-^)感動しました。
メインテーマのダイナミックな曲調も好きですが、日頃はアルバムの「遊びをせんとや」「情歌」の方をよく聴かせてもらっています。
初めは、劇中で度々出てくるこの今様の意味をよく理解せずなんとなく聴いていましたが。
後で気になり検索したところ、とあるサイトにこの様に記されており

(※下記) 

 人間が遊びや戯れをするためだけに生まれてくるのではないのは、重々承知している。人間はもっと重い、長くて苦しい道のりを歩まなくてはならない存在であるけれど、だからこそ、遊び戯れる子供の声の可憐さに、そのいとおしさに、自分の身体も一緒に動いてしまう。子供が歌っているのを聴けば、一緒に歌いたくなってくる。そんな歌なのではないでしょうか。

ーその頃のテレビでは震災後の現在の状況とそんな過酷な環境であるにもかかわらず、頑張ろう、生きようと話して下さる東北の人々の人柄の朗らかさ、力強さ、を目の当たりにし私自身が、救われた心地だった事を覚えています。
それが、この曲調とあいまって。なんとも言えない気持ちになりました。
だからこそ「この遊びをせんとや」「情歌」はこんなにも耳に馴染み、あたかもそこに情景が浮かぶかのような旋律で私たち人の心を深く揺さぶるのか、と。深く納得した次第です。

長々しく、これまで書きましたが。
大河ドラマは数多く、これまで観てきましたが曲に感動し我知らず泣いてしまったのは初めてでした。
私などには、到底及ぶべくもない作曲の苦悩もおありだとは思いますが、これからも良い作品を世におくり続けて下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 面白がる目・面白がれる耳 | トップページ | 楽譜:ヴィネット »