フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・12月10日/24日

« リサイタル・コンサート | トップページ | Drop Box »

2012年3月30日 (金)

迷人考

Meijinden 中島敦の「名人伝」という掌編に、中国の弓の名人の話が出て来る。
 弓を射れば百発百中。シラミの心臓を射貫き、一矢で五羽の飛ぶ鳥を射る。しかし、それは所詮「射之射」にすぎず、弓の極意は「不射之射」。やがてそれを極めた名人は弓を持たなくなり、ついには全く触れなくなる。そして、最晩年には弓を指して「あれは何?」と訊くに至り、周囲の者を驚愕させたという。

 若い頃は「んなバカな」というか、まあ、中島敦流のユーモアと思っていたが、最近とんとピアノに触らなくなっている自分に気付き、彼の言う「不射の射」を何となくリアルに実感するようになった。

 なにしろ、両手でいわゆる「ピアノを弾く」という状態には・・・・かれこれ数年ほどなった記憶がない。そのくせ、今期、大河ドラマでかれこれ80曲を超える曲を書いているわけで、自分でも不思議である。はて、どうやって書いたのか?。
 
 元々が独学無手勝流なので、即興以外でピアノは弾けず、絶対音感があるわけでもなく、ソルフェージュ能力もほぼ皆無。当然「異端」と呼ばれて、この道を独歩すること三十有余年。作曲道具も最近はすっかり電脳(パソコン)になってしまい、指が向かうのが「鍵盤」ではなく「キイボード&マウス」になってしまった、というだけのことではあるのだが・・・

 ただ、年取ってぼけたら、ピアノを指して「これは何?」と訊きそうな気は・・・ちょっぴりする。

« リサイタル・コンサート | トップページ | Drop Box »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

グレン・グールドは幼いころ (生後3日目!?) から弾いて弾いて………、それが年を経ると段々と滅多に (レコーディング以外では) 弾かなくなったらしい。晩年は「50歳になったらピアノをやめる」と決め実際 (死によって) そうなった。彼はピアノを卒業したのだと思う。
申し訳ない、そのことと吉松先生のそれとは全く別のことだと思う。天分の問題。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リサイタル・コンサート | トップページ | Drop Box »