フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 本編音楽vol.6&7 | トップページ | きよP »

2012年3月25日 (日)

清盛フレア

Flash 大河ドラマ「平清盛」第12回(宿命の再会)放送。ようやく全体の4分の1までこぎつける。

 音楽を担当する当事者なので、番組が客観的に見て「面白いか面白くないか」の判断は付かないが、一視聴者として見ていて、毎回「笑い」と「泣き」のツボを見事に突いてくることには感心する。(普通、テレビを見ていて笑ったり泣いたりすることは滅多にないのだが、結構やられる)

 今回も、待賢門院の死の場面でウルッと来て、その直後の源平両雄のろくでもないプロポーズに笑わされる。
 泣きの小道具は、季節はずれの水仙、「わがきみ」の呟き、鳥羽上皇の号泣、カッチー二のアヴェマリア…と完璧の布陣。笑いの方は、猿の後ろ姿で「俺の子を産むか?」ニワトリまみれの庭で「もうそなたでいい!」…とこちらも高レベル。

 音楽に関して(完全に人ごととして)云えば、湯水のように使いすぎ…という印象。音楽が私でない「誰か」だったら、「たかがドラマにここまで持ち札を全部投入することはないのでは?」と御忠告申し上げたい。

 そして勝手な個人的希望としては、晩年の清盛を伊東四朗さんで見たい(物語上は実の親子なんだし、世間一般の清盛像としては彼こそ適任かと…φ(.. ))。

« 本編音楽vol.6&7 | トップページ | きよP »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

動物がよく出てきて楽しい。

ファンです。コメントお許しください。
少し前に友達を亡くしました。カッチーニのアヴェ・マリアに重ね合わせてしまい、涙しました。

この放送を録画で拝見しました。
二人のシーンはいつも劇中で不思議な雰囲気を醸し出していましたね。
大きな磁力のように惹かれあっているのに相容れない二人。
その二人の気持ちが融合する時…しかしそれは今際の時…
この時にこの旋律がくるのか…
カッチーニのアヴェマリアにはやられました~
大好きな曲です。
素晴らしい編曲で素晴らしい演奏で本当に心が揺さぶられました。
オープニング&紀行の「遊びをせんとや生まれけむ」の魅力的な旋律。
今年の大河ドラマは特に冒頭から音楽にとても惹かれていた理由が今回のこの楽曲の起用でわかりました。
私は吉松さんの音楽に魅了されていたのですね!
これからもとても楽しみにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本編音楽vol.6&7 | トップページ | きよP »