フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 桜ガ咲イタ | トップページ | 天にひびき5 »

2012年4月 2日 (月)

現代モノお宝テープ

Tapes 仕事場の押し入れを片付けていて、段ボール箱数個に詰まった大量の録音テープを発掘してしまう。

 7インチのオープンリールテープが数百本。70年代〜80年代初期(作曲の独学を始めた高校生の頃から作曲家デビューまでの時代)にNHK-FMで放送された現代音楽作品(主にオーケストラ)を片っ端からエアチェックしていたもので、ヨーロッパや日本の懐かしい名前の作家たちの作品がびっしり。曲数にすると軽く千を越えそう。

 デッキが無く聴く術もない現状ではただの燃えないゴミだが、現代音楽マニアから見ればCDでは絶対手に入らないお宝音源の山でもあるわけで・・・さて、困った。

« 桜ガ咲イタ | トップページ | 天にひびき5 »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

国内の録音なら大抵NHK-FMなんでしょうから、この際NHKに番組企画を持ち込んで再放送してもらうとか。
元の音源がNHKのライブラリに残っていればいいんですけれど、もし無くなっていたら案外吉松さんの音源が「貴重品」扱いされるかも?
今でも昔の大河ドラマとか、元がなくなってしまった放送のエアチェックを持っている人を探しているらしいし、音源によっては需要があったりして。

NHKオンデマンドでこういう音源も公開してくれるのが一番いいんですけれどね。

「吉松隆秘蔵アーカイブス」とか銘打って、CD化してみたりとか。権利とか無理っぽいですね…。

ルイス・デ・パブロ、とかあったら聴きたいなあ・・・
いやいや、それよりマーマレード回路が聴きたいです

オープンリール……あぁ~、昔々8ミリ映画を趣味で創っていた父がサントラ作成のためか持っていました (ワタクシは使ったことがない=見ていただけで使い方を知らない…)
なんだか古いPCソフトのファイルが開けない~と同様ですね。
それは、絶対に捨ててはいけないでしょう!。
大河ドラマのフィルム同様、NHKに残っていなくて後で提供を促されることもあるかもしれません。
昔も今も、NHK-FMはクラシック音楽の教科書ですね。
ものすごく余談ですが、最近「カセットテープ」 (エレクトーンの世界の) のレア音源を「絶対に売れる」と信じてオークション出品してみたところ……アクセスが殆んどありません。なぜ、と思ったのですが、つまりは再生デッキそのものを廃棄してしまっている人が増えてしまったようです。ワタクシはソニーの録音可能CTウォークマンとターンテーブル常備です (そうでないと聴けない音源がございますからね)。

国会図書館かどこかに寄贈するのも一つの手ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜ガ咲イタ | トップページ | 天にひびき5 »