フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 清盛♡組曲 | トップページ | 縄文琴 »

2012年4月29日 (日)

ラジオ深夜便を聞く

Sinyabin NHKラジオ第一「ラジオ深夜便」に〈ヨシマツ2号(広報担当)〉ゲスト出演。前後編で2時間ほどというロング・インタビューを聞く。(聞き手:柴田祐規子アナウンサー)

 NHKなので大河ドラマの話から無難に始まるも、そのあとは・・・
 「作曲は独学であるべき」
 「音楽を教わるなんて、推理小説の犯人を教わるみたいなもの。面白さゼロだし、やったら負け」
 「お金になる仕事・近まわりの道より、お金にならない仕事・遠回りの道をあえて選ぶべし」
 「音楽は仕事ではなくて(人生を賭けた)〈遊び〉」
 などなど言いたい放題。「へ〜、そうなんだ〜」と頷きながら、(三畳一間での十数年にわたるひきこもり話とか、病床の父親に捧げた交響曲第5番の話とか)初耳の話も幾つか(笑)

 しかし、こうして客観的に彼の話を聞いていると、「アカデミックな音楽体験をちょっとでも持っている人」が彼の音楽を「異端」とする理由に改めて得心が行く。
 要するに、笑って冗談めかしながら話しつつも、その根底にあるのは、かなり頑固なアカデミズム&プロフェッショナル否定論(というより差別主義)なのですよね。

Senset それが、現代音楽やヒーリングやロックやクラシック(さらにプロとアマ)の領域をも同価にしてしまった彼の音楽の中にそのまま聞こえる。となれば、普通に「音楽を教わった人」や「ちゃんと勉強してしまった人」としては、そんなもの認めるわけにはいかない…と思う方が当然。

 ま、私(ヨシマツ5号:ブログ担当)としては、面白ければどちらでも良いですけど。

 追記:今回放送分は、番組ホームページで期間限定(5月8日から一ヶ月間)ストリーミング配信される予定とのことです。

« 清盛♡組曲 | トップページ | 縄文琴 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

ヨシマツ2号さんお疲れ様でした (って、録音か!?)。
詳しい感想は私のブログにみっちり書いておきましたのでよろしければご参照を (多少厳しいことも書きましたがどうか恨まないでください……)
今回の録音は彼の死後にヨシマツ研究財団の貴重なライヴラリとしてCD化されることでしょう (グールドみたい!?)
happy01

とても楽しく拝聴いたしました。独学で・・・とは存じあげて
いましたが、そこまでとは知りませんでした(@_@)
なるほど、『予定調和でないおもしろさ』だったのか~!
「お金にならない仕事・遠回りの道をあえて選ぶべし」
参考にします(?!)
そんな金言散りばめられた漫画自叙伝をの発売、
期待します!

はじめまして。ラジオは聴いておりませんが、お書きになっていることは、一つの音楽観、人生観として至極まっとうなものかと存じます。2号、5号などと韜晦しようとなさるのが不可解であり、残念に感じます。

斉諧生さま

吉松センセの分身である1号〜5号をご存じないまま
いきなり不可解で残念に感じてしまわれるとは
まことに不可解で残念に感じます。

詳しくは、HP DATA年譜(吉松隆を読み解く12のキイワード)
の「多重人格」の項をご参照くださいませ。

そうなんです、ヨシマツ1号さん~5号さん……私たちファンはみんな知っているのです。「センセ」の呼び名も (「教授」みたいな。笑) ただ……私も最初はものすごく違和感みたいなのを観じたことは一応付記しておきますけど。今ではファンの内輪での合言葉みたいになっているのです。しかし2号さんがこの春広報ご兼任となられたとは!!(≧∇≦)

 予定を知りながら当日に忘れることが多い私も、今回は無事に聴けました。ただし、眠くて仕方ない時間帯ゆゑ録音でです。前後半合計で、ニュースなどを除いた正味時間は約80分でしたので、CDにでもして後日また時おり紐解いて楽しめそうです。
 ところで、広報担当が2号氏なのは、話の内容的に「今回は」2号氏だったのであり、たとえば「トンでも本ぎりぎりの空想科学音楽論」(ママ)上梓記念会見があれば、おそらく3号氏が広報担当に異動されるのが良かろうと考えます。

聞き逃したのが残念です。再放送しないかな?

へー、異端だったのですか。
(・◇・)

……お、オチが思い浮かばない…。
orz

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 清盛♡組曲 | トップページ | 縄文琴 »