フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 雨の居酒屋 | トップページ | 光風会@2012 »

2012年4月15日 (日)

猫に星形の庭が

Garden 大河ドラマ「平清盛」第15回「嵐の中の一門」放送。

 弟:家盛の死で揺れる一門。落ち込む清盛に西行が語りかける「今は嵐の中でも・・風雪を耐え忍んだ者だけが見られる美しきものが・・きっと」という一言が心に染みる。

 ただ、曼荼羅を描いている処での親子喧嘩は・・・。絵を描く人はみんなテレビの前で悲鳴を上げたのでは?
 折角の感動シーンだったのだが、絵に垂れた血がどうなったのか?気になって気になって仕方がないまま・・・次回、父忠盛の死で物語は一気に新たな展開へ・・。

 ちなみに、今回より紀行の音楽が「春」(4〜6月)用の「桜の下」に模様替え。
 演奏は、チェロ:長谷川陽子、二十絃:吉村七重、藤岡幸夫指揮東京フィルのみなさん。

 気が付くと、テレビを見ている実家の猫の後頭部に星形の禿が・・・

« 雨の居酒屋 | トップページ | 光風会@2012 »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

ほ、星型の禿……猫ちゃんには気の毒ですが、
ラヴリーですね♪
(⌒艸⌒)

ところで、桜の下が始まってすぐで何なのですが…
夏だと向日葵の下、といったところでしょうか?
(いや、そもそも平安時代に向日葵あったのか!?)

か、かわいい lovely

「平清盛」楽しみにしています。面白いと思うんだけどなー、、 人それぞれ好みがあるでしょうが、私は登場人物の心の表情を感じながら楽しんでいます。坂本龍一さんのラジオ番組で、吉松さんの音楽紹介されて、大河の音楽、吉松隆さんを知りました。アヴェ マリアには斬新でびっくりしました!ところで、ブログにも触れている「平清盛15回」の最後のシーンの挿入曲も吉松さんなのでしょうか?

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

武満徹の「鳥は星型の庭に下りる」のパロディですなw。この星型の禿の写真もその音源の解説で見た様な。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の居酒屋 | トップページ | 光風会@2012 »