フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 煩悩交響曲破綻調 | トップページ | 9巻の終わり »

2012年5月27日 (日)

作曲鬱@末期

Scrapkm 作曲鬱いろいろと末期・・(v_v)
 煮詰まって発狂寸前のこういう時に限って、iPadで論理学の本など読み始め、いつも必ず嘘をつく「クレタ人」が「私は嘘つきです」というのはパラドックスになるという点に関して逆に彼が「これは毒キノコではありません」と言えばそれは毒キノコなのだから「嘘つき」クレタ人だと知られた時点で最強の「正直クレタ人」になってしまうんじゃないか?というパラドックスのパラドックスに気付き嘘か本当か分からない言動を取るからこそ「嘘つき」なのであり100%嘘をつけばそれは正直者になってしまいそれを嘘つきと規定する設定そのものがパラドックスの根源なのではないかという死ぬほどどうでもいい話が頭の中を渦巻いている・・(・_・)

 夜、大河ドラマ「平清盛」第21回「保元の乱」放送。
 叔父忠正の「絆など初めからないわ」という言葉が、最も深い絆を表すというパラドックス。そして・・平安時代のドラマの音楽をオーケストラとピアノで書くというパラドックス。
 ちなみに、音楽は「軟派(きれい)系」「硬派(ごつい)系」取り混ぜていろいろ供給しているつもりなのだが、選曲は(遊びをせんとやに代表されるような)きれい系のヘビーローテーションが目立つ。特に今回のような戦乱の回はきれい系を挟まずごつい系ばかりで押し切っても良かったのにと感じたのだがどうだろう。タルカスは変拍子&不協和音の印象があったのだがこういうところで鳴らすと明るくポップに聞こえるのがちょっと意外な発見。次回「勝利の代償」は音楽のバランス&鸚鵡の使い方ともども好み(?)に近いかなと。乞うご期待。

« 煩悩交響曲破綻調 | トップページ | 9巻の終わり »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

以下、暴論デス

当時の楽器で演奏することが一番いいとは思いません。
ドラマの音楽は
当時のヒト-平清盛たちが、
何を思い、何を大切にしていたのか。
彼/彼女が生きた時代は、どんな世界だったのか。
…と云ったものを表す手段の一つであり、
平安時代の音楽を再現する事が主目的ではないと思います。

別に西洋楽器で日本の昔むかしを表現したっていいじゃないですか〜。
ドラマの主人公は、あくまでもヒトなんですもん。

昔むかしのヒトと共通していること。
昔むかしのヒトの考えと相いれないもの。

それに気づき、楽しむ事が時代ドラマの醍醐味っす!
( ´ ▽ ` )ノ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 煩悩交響曲破綻調 | トップページ | 9巻の終わり »