フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・06月04日/11日/18日
    ・07月02日

« 大河ドラマ本編音楽vol.8 | トップページ | 大河ドラマ@CyberBird »

2012年6月 6日 (水)

大河ドラマ本編音楽vol.9

506a NHK506スタジオで、昨日に続いて大河ドラマ「平清盛」本編音楽vol.9の録音。

 室内管弦楽編成でN01からN16までの16曲(紅蓮、儀式、奈落、風早、常風、風見、円舞、梵鐘、悠久、無機、細波、息吹、枇杷、静寂、友愛…紀行、夢詠み…紀行)。
 演奏は、藤岡幸夫指揮東京フィル。番組最後の紀行の音楽用に、ソプラノ:市原愛さんが加わる「友愛」と、チェロ:長谷川陽子さんの演奏にストリングスをかぶせた「夢詠み…紀行」も収録。
 和楽器として、二十絃:吉村七重さん(夢詠み、儀式ほか)、笛:竹井誠さん(細波)、琵琶:稲葉明徳さん(枇杷)も参加。

 今回は「今までとは違ったタイプの音楽も」ということで、(基本モチーフは同じながら)お祭り風ロックあり、雅楽&邦楽風あり、ワルツあり、ミニマルあり、アフリカ風ポリリズムあり、十二音音楽あり、カンパノロジーありの玩具箱。どういうシーンに使われるのか・・・お楽しみに・・(-。-;)

 というわけで、オーケストラおよび合唱そして和楽器を使って、全3回計6日36時間、全9巻100曲ほどに別稿などを含め130曲ほど(時間にして5時間強)の録音が完了。(さらに劇中で歌われる今様数曲の作曲もあり)
 中には今回のドラマのために書いたものでないオーケストラ編曲版「タルカス」(K.エマーソン作)、左手ピアノのための「アイノラ抒情曲集」「アヴェマリア」「5月の夢の歌」(p:舘野泉さん)そして「サイバーバード協奏曲」などもあり、40年の作曲家人生で培ったネタを全部絞り出した(搾り取られた?)気分。

506b あとは、アフレコ作業数曲と今回収録した32曲のミックスダウン&編集立ち会い。それが終われば1年以上にわたる長丁場もひとまずゴール。

 終了後、指揮の藤岡幸夫氏と記念撮影→。丸2日の収録作業で二人共くたびれ果てた顔になっていて、この一枚だけが唯一の貴重な笑顔の写真。(^◇^)¥

« 大河ドラマ本編音楽vol.8 | トップページ | 大河ドラマ@CyberBird »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント


吉松さん!本当にお疲れ様でした!


それにしても一つのテーマでここまで変幻自在に音楽にできるなんて凄いですね。吉松ワールドに改めて驚嘆しました。スコア読んでてワクワクしたし、東京フィルもレスポンス抜群で素晴らしかったのでレコーディングもすごく楽しかったです。


次は新しい交響曲楽しみにしてます!

藤岡幸夫

お二人の笑顔がとても素敵です!

( ´ ▽ ` )ノ

千日回峰行の満行を遂げられた阿闍梨さまのようなすがすがしいお顔ですね♪
藤岡さんのコメントはレコーディング現場の様子がリアルに伝わってきました!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大河ドラマ本編音楽vol.8 | トップページ | 大河ドラマ@CyberBird »