フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 目に青葉(遅) | トップページ | 海鳴・譚詩・鸚鵡・・ »

2012年6月 1日 (金)

SF法螺〜

Sfhr_2 煎餅を囓りながらSFホラー映画のはしご。

 遊星よりの物体X(1951。監督:クリスチャン・ナイビイ)再○
 遊星からの物体X(1982。監督:ジョン・カーペンター)再◎
 ・J.キャンベルの古典SF「影が行く」の新旧映画化作。

 トリフィドの日(1962。監督:スティーヴ・セクリー)再○
 ラスト・デイズ・オブ・ザ・ワールド(2009。監督:ニック・コパス)×
 ・J.ウィンダムの古典SF「トリフィドの日」の新旧映画化作。

 アイ・アム・レジェンド(2007。監督:フランシス・ローレンス)△
 ・R.マシスンのSF「地球最後の男」の最新映画化作。

 クローバーフィールド(2008。監督:マット・リーヴス)○
 ・ドキュメンタリー風怪獣映画。

 第7鉱区(2011。監督:キム・ジフン)○
 ・韓国製海洋エイリアン。

 30年前のジョン・カーペンターの「物体X」が今見ても圧倒的。特にモンスターの造形はSF映画史上に残る衝撃度・・・音楽のエンニオ・モリコーネにも注目・・φ(.. )

« 目に青葉(遅) | トップページ | 海鳴・譚詩・鸚鵡・・ »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

世の中には
何故
法螺(SF法螺、怪談含む)とゆうものが存在するのか。

わざわざ作らなくったって
コワイモノは
たくさんあるじゃん。
(T ^ T)

たとえばアレとかコレとかソレとか…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 目に青葉(遅) | トップページ | 海鳴・譚詩・鸚鵡・・ »