フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« タルカス2題 | トップページ | 大河ドラマ「平清盛」第2部了 »

2012年7月28日 (土)

OSX Mountain Lion

Osx_ml 先週、MacbookAirに新しいOSX 10.8〈Mountain Lion〉をインストール。しばらく使ってみてどうやら不具合は無く大丈夫そうなので、メインマシンにもインストールする。

 昔はOSが新しくなる度に古いソフトがごっそり使えなくなってえらい目にあったものだが、今でも古いファイルなどが「開けなくなる」のがとにかく怖い。
 急にEGWord(Macの古いワープロソフト)のファイルが開けなくなって……25年分の原稿が読めなくなったのが数年前…(v_v)。それ以外にも、開けなくなった原稿・画像・音声ファイルが押し入れにどっさりある。いま普通に使っているファイルが10年20年先に読める保証は全くないのだ。

 そもそもMacにしても(現在はめちゃくちゃ羽振りがいいが)Windowsに押されて消えてしまう可能性も充分あったわけで、そうなっていたら1987年以来Macで書きためてきた25年分の原稿も楽譜も、今頃は全て「ただの開けないファイル」の山と化していたかも知れない。・・・これは考えるだに怖ろしい。

 紙の本なら50年前の物だろうが100年前だろうが「読む」のは可能だ。でも、パソコンのファイルは(物によっては)たった20年前のものが「読めない」どころか金輪際「開けない」状態になる。
 データの保存にしても、昔は(若い人は知らないでしょうが)カセットテープに保存していた。それがフロッピーディスクになって、MOやハードディスクになって、昨今はSSD・・・
 でも、カセットもフロッピーも、わずか十数年前のものが今のパソコンではもう開けない。

 こうなると、今使っているPDFとかDOCとかMP3などというファイルはいつまで開けるのだろう?とか、HPやブログやTwitterやFaceBookなどというのは10年後20年後も読めるのだろうか?などなど・・・OSやCloudが進化し便利になる度に、逆に心配になってくる。

 そのうち、音も無く人類の記憶全てが雲(Cloud)の向こうに消えてしまう…そんな未来もあるのかも知れない・・・(でも、それはそれでいいのかも知れないと思わなくもない)。

« タルカス2題 | トップページ | 大河ドラマ「平清盛」第2部了 »

ネット、パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タルカス2題 | トップページ | 大河ドラマ「平清盛」第2部了 »