フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 鳥たちの収録 | トップページ | CD舘野泉×吉松隆 »

2012年7月 3日 (火)

ブラボー!オーケストラ7月分収録

Bravoo NHK502スタジオでFM「ブラボー!オーケストラ」7月分1本の収録。

 7月15日(日)放送分は、シェーンベルク「浄められた夜」、シマノフスキ「ヴァイオリン協奏曲第1番」(vn:庄司沙也香)。大野和士指揮東京都交響楽団。

 昔から密かに「断末魔ロマン派」と呼んでいる…20世紀頭前後に生まれた妖しくミステリアスなロマンチシズム溢れる名品2曲。
 調性が崩れるぎりぎり寸前の危うさと、濃厚でドロッとした厚化粧のサウンド。いわゆる…ナチュラル・シンプル・エコ…とは対極にある退廃美だが、そこがまた魅力。

 ちなみに「浄められた夜」は、「朱鷺によせる哀歌」の元ネタのひとつでもある。
 ポイントは・・・原曲が小さな弦楽アンサンブルで書かれ、それを後に弦楽オーケストラに仕立てた点。20代半ばに時代錯誤的ロマンチシズムへの挑戦を試みて、それが(結果的に)デビュー作になった点。そして、長じて憎まれっ子になる作曲家の若きピュアさが(かろうじて)刻印されている点・・(^_^)b

« 鳥たちの収録 | トップページ | CD舘野泉×吉松隆 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

いろんな魅力があるものなんですね。

勉強and将来の音楽鑑賞のタネになります。
_φ(・_・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳥たちの収録 | トップページ | CD舘野泉×吉松隆 »