フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« 松村禎三「作曲家の言葉」 | トップページ | OSX Mountain Lion »

2012年7月27日 (金)

タルカス2題

Cd3fatep Keith Emersonの新譜「Three Fates Project」のサンプル盤が届く。

 ギター:マーク・ボニーラ、指揮:テリエ・ミケルセン、ミュンヘン放送管弦楽団との共演で、「タルカス」を始め、「永遠の謎」組曲、「奈落のボレロ」「庶民のファンファーレ」などを収録した〈ロック meets クラシック〉な一枚。

 もちろん一番気になったのはオーケストラとの共演版「タルカス」(20'05"でアルバム中最大曲)。全部ではないものの(特に中盤のMassやManticoreの部分など)彼に献呈した私のスコアをかなり下敷きにしているようで、〈orchestrations〉のクレジットには私の名前も・・・

 うーん、こういうことを藤岡幸夫&東京フィルとか佐渡裕&ベルリンフィルでひょいと出来ないものか・・・

 ピアノソロ〈After All of This〉がボーナストラックとして収録された日本盤(Victor)は8月29日(水)発売予定。乞うご期待。

           *

Sadokus もう一枚、その佐渡裕氏がシエナ・ウィンド・オーケストラと共演した吹奏楽版「タルカス」も早くもCDで登場。

 こちらは私のオーケストラ版スコアを元に挟間美帆さんが作成した吹奏楽アレンジ版。CD(エイヴェックス)は8月8日発売予定。

 この夏から大河ドラマ「平清盛」でも〈Manticore〉と〈AquaTarkus〉が流れるし、9月発売のサントラ盤第2集にはしっかり大河版〈噴火〉も収録。

 タルカス・・・40年の時を経てただいま増殖中。

« 松村禎三「作曲家の言葉」 | トップページ | OSX Mountain Lion »

本CD映画etc」カテゴリの記事

コメント

わたくし、先生のオーケストラ版《タルカス》を
聞いたとき思ったのです。

このタルカスが最後の一匹とは思えない。
この世にプログレおたくがいる限り
第2第3のタルカスが世界のどこかに
きっと現れるに違いない

・・・と smile

うふふ。
世の中には「あんけえと」なるものがございます。
組織票使って「タルカス」ばかり書くとか。

…ま、冗談はさておいて。
どこかやってくれないですかね、こういった音楽イベント…
(・・)ゞ

初めまして。
色々と活躍されて素人の意見なので、凄いなとしか言えません。しかし、僕は、吉松さんが大河の作曲者とは!僕は、それまで余り存知てませんでした。しかし、大河ドラマのオープニングの時に、吉松隆という名前が出てふっと思い出しました。僕は、あぶない刑事が大好きで、柴田恭兵さんが歌うRUNNINGSHOTが大好きで、毎日16年間聴いているのですが、それの作曲者である事も思い出しまして、びっくりしました。なので、聞いてみたいのですが、RUNNINGSHOTの誕生話を聞いてみたいのですが、宜しいでしょうか?

↑恭兵さんのCD「Yuji the Best」についての記事が
 2005年10月19日付のブログにあります。
 右→のカテゴリ「本CD映画etc」で検索できますよgood

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 松村禎三「作曲家の言葉」 | トップページ | OSX Mountain Lion »