フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 8月15日の脳味噌煮込み | トップページ | 判じ物キャプチャ »

2012年8月17日 (金)

とある科学の開演ベル2

Cdlbell_2 頼まれていた開演ベル完成。

 type-A、type-B…各20秒のものをFinale(楽譜作成ソフト)で作曲し、そのMIDIデータを元にDigital Performer(シークエンサーソフト)で作成した音源をGarageBand(音楽制作ソフト)でMIXしてSound It!(サウンド編集ソフト)で編集しAIFF音声ファイルにしたものをiTunes(メディアプレイヤー)経由でCD-Rに焼く・・・

 ・・・とここまで科学の粋を尽くしたデジタル作業で制作しながら、そのCDは宅配便で郵送……と最後だけアナログ作業なのであった…φ(.. )

« 8月15日の脳味噌煮込み | トップページ | 判じ物キャプチャ »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

あはぁ~、そうきましたか………やっぱり、というか………。


後で公開されてから、是非イメージノートをお聞かせいただいたいです。


こういうのっていいなあと思います。
私がいちばん憧れるのは商業作曲なもので……
冨田勲さんのアクアスフィア (TDS) とか、すっごくいいなあ~と思うんです。
ほとんどの人たちは作曲者がどなたかなんて意識しない。
でも、みんなに常時聴いていただける音楽とか私も作れたら、いいなあ。
ハイ・クォリティな商業作曲で成功されてる方に共通するのは、やはりクラシック音楽を窮めていることではないか、と私は (も) 思います。

デジタルであっても、アナログであっても、
使い勝手がよければ「気色よーし!」です。


………あら?
微妙に方言が。
( ̄▽ ̄)ゞ

どこのホールで聴けるのでしょうか? Owl Bellということはフクロウの鳴き方に似ているのでしょうね。

わかった flair
いけフクロウの芸術劇場ですねっhappy02

あ。いいセンかもです
池袋の芸術劇場はこの九月にリニューアルオープンしますし
ホールがある豊島区のシンボルはフクロウですし
吉松先生は鳥の作曲家ですし

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月15日の脳味噌煮込み | トップページ | 判じ物キャプチャ »