フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日

« 清盛コンサート打ち合わせ | トップページ | エアコンズハイ »

2012年8月22日 (水)

三題噺

Godzilla 急にバルトークのスコアが入用になり銀座のヤマハに買いに出る。
 真夏の太陽ががんがん照りつける銀座の町並みを…銀座七丁目〜交差点(和光ビル)〜松坂屋〜数寄屋橋とふらふら歩いていると、「これで国会議事堂まで行ったら、ゴジラの第二次東京襲撃コースと同じだな…」と思い当たる・・・。

         *

 横断歩道を渡っている時、横にいた女の子が友達に「あれ、なんて読むの?」と指さしている。見ると、タクシーのリアウィンドウに「眠眠打破」という広告の文字。
 その友達、ちょっと考えてからおもむろに・・・

 ・・・「ねむねむうっぱ」・(-_-)zzz

         *

 そう言えば、先日、「Bluray版の「ゴジラ」(1954)はアメリカのCriterion(クライテリオン)盤というのが画質がいいですよ」と言われたことを思い出し、早速その輸入盤を手に入れることに。(ちなみにゴジラは、ベータ版ビデオ、VHS版ビデオ、LD、DVDと買っている結構なマニア)
 なるほど、かなり徹底した修復技術が駆使されているようで画面は鮮明で美しく、夜の町にゴジラが現れる恐怖はさすがの迫力。オマケに海外版「怪獣王ゴジラ」(レイモンド・バー扮するアメリカの新聞記者が東京でゴジラに遭遇するという話に編集し直した英語版)の映像特典付きなのも嬉しい。
 最近は、昔の白黒映画にコンピュータで着色するカラーライズ版が試みられていて、「総天然色ウルトラQ」などはなかなかの出来だったが、この「ゴジラ」も(「七人の侍」と並んで)着色版で見てみたい名画の一つ・・・

 で、その夜、暑さで頭がくらくらしつつ見た夢は・・・
 ・「タルカスvsゴジラ」・

« 清盛コンサート打ち合わせ | トップページ | エアコンズハイ »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 清盛コンサート打ち合わせ | トップページ | エアコンズハイ »