フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日

« 記憶躁鬱 | トップページ | ブルーライト横浜(…古ッ) »

2012年10月22日 (月)

第九をかじる

No9a ベートーヴェンの第九を解説するクラシック番組の打合せに出向く。

 スタジオにオーケストラを置いて「お試し演奏」も出来るそうなので、第1楽章のあそことか第3楽章のあそことかを「こうして弾いて見たら」的な実験も試みることに・・・

 ちなみに、この曲、泣く子も黙るクラシック最大の名曲であるにもかかわらず、昔から多くの人の頭を悩ませてきたわけの分からない作品であることも事実。(私も、初めて聴いた時「ものすごい出来そこないの作品」という印象が強かった。それが魅力に転化したのは随分たってからだ)。フィナーレの歓喜の歌にしても、どういう意味だか今いち良く分からないし。
    *
 例えば、冒頭の「歓喜(Freude !)」は今風に言うとどうなりますかね?
 めっちゃ気持ちいい!…ですかね。
 全ての人々は皆兄弟となる(Alle Menschen werden Brüder)…は?
 みんなダチじゃん!
 あのう、もう少し高尚な解説を・・・
 

« 記憶躁鬱 | トップページ | ブルーライト横浜(…古ッ) »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

大阪弁で歌う「第九」というのもあるそうで…

====以下引用====

おいおい、そんな歌 ちゃうやろ
もっともっと気持ちのええ、おもろい歌があるんとちゃうん
そんな歌、うたおうやないか
 
わあうれしい。神さんの火が光っとる
あそこにいるのはユートピアから来た娘さん
そうや、僕らみんなちょっとばかり酒をひっかけて
天にある楽園に行きたいもんや
世の中きびしいよってに欲しいもんにはなかなか手が届かん
そやけど、あんたの凄い力で
もういっぺん僕らのとこへ呼び寄せてくれや
 
あんたの優しいふところで飲み明かしたら、
そう、みんな誰でも友達になれるんや
一生懸命頑張って働いたやつはみんな僕らの友達やんか
友達の友達はみな友達なんや
そいで、かわいい娘と一緒に暮らせたらごっつ うれしい
それこそ歓喜やで ・・・


面白しろ過ぎます…!

↑なあ、おまえ
天国ちゅうとこは
そんなに甘いもんやおまへんや
もっとまじめにやれ

♪天国よいとこ一度はおいで
酒はうまいし姉ちゃんはきれいだ
(フォーククルセダーズ「帰ってきたヨッパライ」

・・・は第九だったのか!

あっれめんしぇんヴぇるでんぶりゅーだー。
沖縄風に訳すと「いちゃりばちょーでぇ」
音階までレミファソシにするとやりすぎでしょうけども。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 記憶躁鬱 | トップページ | ブルーライト横浜(…古ッ) »