フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« Studio B | トップページ | 冨田勲の世界 »

2012年11月10日 (土)

賛美歌の中の天使たち

Cathdrale  Blog「月刊クラシック音楽探偵事務所」11月号更新。

 今回は、欧米人のハーモニー感覚の話から脱線して子供たちの歌の魔力に迫る「賛美歌の中の天使たち」。

 ヨーロッパでは、何というか…ハーモニーは「毛穴から全身に染み込んでいる」感じがする。一方、日本では「耳と頭」の段階で止まっている。

 これは鍛錬ではどうしようもない「文化的な背景」の問題なのだが、さて、無理して「毛穴」から染み込ませるべきなのか、アジア人の意地にかけて「耳」で止めるべきなのか。

 何しろ日本人が「ハモる」音楽を初めて知った頃、西洋ではそれを壊す歴史が始まったわけで・・・
 人は失って初めて「それがあった」ことに気付く。最初から無ければ「無い」ということにさえ気付かない。
 さて、どちらがより不幸かというと・・・

« Studio B | トップページ | 冨田勲の世界 »

音楽考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Studio B | トップページ | 冨田勲の世界 »