フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« 還々暦々 | トップページ | 仕事2題 »

2013年2月20日 (水)

自伝@校了(仮)

Bookbird_2 昨年末からもそもそと書いていた自伝本(春秋社)の校正ひとまず終了。出版社で最終チェックをして、あとは印刷するのみ。さて、来月20日の還暦コンサートに間に合うか・・・

 それにしても・・・何しろ14歳の冬に始まった長い長い独学の黒歴史なので、悲惨すぎて茶化すことも出来ず、かと言って笑って話せるような話でもなく、さて、読んで面白いかどうか全く保証の限りではない。
 あるいは音楽を志す若い人たちへの何かの参考になれば・・・と思わないではないが、うーん、果たして参考になるやらならぬやら・・・

 ひとつだけ言えるのは・・・この本を読んで「私も独学で行ってみよう」と思うのは、断崖絶壁からパラシュートも生命保険もナシで飛び降りるのと同じくらい危険なので、くれぐれもおやめ下さい・・・と言うことくらいだが、そういう私が言うこと聞かずに飛び降りているので説得力ゼロか。やめろと言われてやめられるくらいなら苦労はない。好きにして下さい。

« 還々暦々 | トップページ | 仕事2題 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

つまりは何が自分の師なのか。それは街中でふと聴いて気になったBGMかもしれないしお気に入りのシンフォニーのスコアに書かれているある一部分かもしれない。気になるというのは必要だから気になる。そうでなければ気にならない。目には見えないけどスコアの一音一フレーズには過去の作曲家の魂が生きていて気になったというのはその作曲家から学ばせていただいたのだと思う。それと大切なこととして師というのは自分以外の最初の聴衆&批評家である。誰がそれをやるかの問題。独学とそうではないの区別って一体なんでしょう。

思うに、若い人が音楽の道を選ぶのではなく、音楽の神様が若い人を選ぶのではないでしょうか。

Sparrowさんの仰るとおりだと思います。
本日GetのMy brand new iPadより初コメントです。(Windowsとは操作が違うのでプチ戸惑い中でございます。)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 還々暦々 | トップページ | 仕事2題 »