フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・12月10日/24日

« 還暦 | トップページ | 補遺:還暦Concert »

2013年3月20日 (水)

還暦コンサート

60th  還暦コンサート《鳥の響展》無事終了。

 25歳の時の若書き作品(ドーリアン)から昨年書いたばかりの大河ドラマ「平清盛」の音楽まで、まさに作曲家人生35年の総決算。しかも、素敵な演奏家たちによる…ピアノ曲から室内楽曲そしてコンチェルトまでの演奏付き。

 さらに、満員の聴衆(チケット完売!)と敬愛する2人の大作曲家…冨田勲氏とキース・エマーソン氏に囲まれ、最後は(赤いちゃんちゃんことケーキと)「Happy Birthday」の演奏&スタンディング・オベーションという豪華な一夜。

 マエストロ藤岡に「朝、目が覚めたら夢だったりしてね」・(^_^)b・と言われてしまったが、確かにそんな感じの「出来すぎ」感も。
 キース・エマーソン氏は「タルカス」をオーケストラで鳴らすのが夢だったそうで、私にとっても彼にとっても「Dream comes true(夢がかなった)」の記念すべき日になった。

 もうこれで思い残すことはない・・・・

 でも、もうちょっとだけ長生きしてみようか・( ̄ω ̄;)

002_2
003  
004

 コンサートの様子は、5月1日(水)朝6:00〜6:55、NHKBSプレミアム「クラシック倶楽部」で放送される予定。
 また21日(木)夜7時からのBS Japan「NIKKEI x BS Live 7PM」にキース・エマーソン氏が生出演(聞き手:岩本晃市郎)。コンサートの様子も流れる模様。

« 還暦 | トップページ | 補遺:還暦Concert »

コンサート、放送」カテゴリの記事

コメント

 堪能しました!
 終演予定を大幅に超過したのも嬉しい悲鳴。通常のコンサートほぼ2回分でしたね。
 第1部は正に夢見心地。ただでさえ夢見心地な選曲なのに私は咳止めの水薬が効いて更に夢見心地。いびきをかかないように必死で堪えつつ、それでも夢見心地のリラクゼーションタイムと相成りました。
 第2部は須川さんと藤岡さんの漫才も含めて実に楽しいパート。サイバーバードは私は多分3回目か4回目のライブ。サックスはもちろん(特に終楽章の)ブラスセクションのシンコペーションが堪らない魅力です。そして伝説のドーリアン。レコードの解説書で何度も目にしていた楽曲を初めて聴けたことに、素直に嬉しさが込み上げました。
 第3部は何となくオマケの感がありましたが、私はテレビとCDでしか聴いたことがなかった清盛組曲とタルカスを生で聴けたのはやはり得難い収穫として貴重なものとなりました。
 そして最新刊。混雑を怖れ開演前に購入しましたが、(たぶんボールペンによる)直筆サイン入りカードが付いてきたのは帰宅後に発見。“何らかの…”は価格減だとばかり思っていただけに、これまた嬉しい誤算でニンマリさせていただきました。私が初めて吉松さんの楽曲を耳にしたのは朱鷺ではなく山下さんの天馬効果(ペガサス・エフェクト)でした。RVCレコード(当時)の帯に書かれた謳い文句に惹かれてレコード屋にお金を払ったのでした。ライブでは北とぴあでのナムウ氏が記憶に残っています。そんな感じですが、直筆サインは初めてで、素直に嬉しく思いました。
 結局赤い衣装をつけられましたが、とにかくなるべく長生きしてくださいね。

還暦祝賀の演奏会、成功おめでとうございます。
私もあの場に居合わせることができて、本当に果報者だと思います。

思えば、題名のない音楽会で偶然聴いたドーリアンが、私にとって、吉松さんの音楽との邂逅でした。
それ以来、マーマレード回路、植物プリズム、チカプ、天馬効果と、FMで吉松さんの発展を追いながら、お陰様をもちまして、アニソンからクセナキスまでイケる、こんな大人になりました!

しばらくは3月20日の初台を想い出して生きて行けそうですが、交響曲第6番も待ち遠しいです。

4時間、楽しかったです!!なんだか、いろんな場所を旅したような気分でした。
最後は船にのって送り出されたような・・・・?!
赤いチャンチャンコ、とてもお似合いでした♪「折り返し地点」ということで
どうぞ120歳くらいまで頑張ってください(^^)
サイン入りカードに書かれたドイツ語(?)は・・・?

還暦過ぎの母と一緒に、コンサートに行かせていただきました。
素晴らしいコンサートだったと思います。
どの曲も素晴らしかったのですが、特に館野さんのピアノとサキソフォンの協奏曲が印象に残りました。
僕はもともと吉松さんの音楽が大好きで、車の中などでもよく聞いているのですが、母は殆ど予備知識がないまま聴いて、とても良かったと感動していました。
今日母に訊くと、腰痛が治ったと言っていました(本当)。

体全体で聴く音楽と、聴衆演奏者含めて皆からエネルギーをもらって、元気がでたのかもしれません。

ありがとうございました!

「はい、これで今日のコンサート終了!」みたいな瞬間が何度となく訪れた、充実度満点のコンサートでした。

田舎住まい(富山)なのでなかなか作品の生演奏に接する機会が無く(たぶん今後も…)、今回だけはなんとしても!と無理をして上京(…)して聴いた甲斐がありました。

素敵なコンサート企画、ホントにありがとうございました。

最後に、還暦おめでとうございます。今後もすばらしい作品群を生みだされることを心より祈念しております。

LPでいえば、第2部1曲目「鳥は静かに・・・」までがA面、2曲目「サイバーバード協奏曲」以降がB面(長さ的には2枚組というべきか)。
フィギュアスケートでいえば、第1部がショートプログラム、第2部がフリー、第3部がエキシビションの3日間をまとめたような内容。
いずれにしても充分に堪能しました。

ブラボー!素晴らしいコンサートでした。ドーリアン、初めて聞きましたが、鳥肌が立つほど痺れました。CD化されてほしい・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 還暦 | トップページ | 補遺:還暦Concert »