フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« クラシック倶楽部 | トップページ | ノイズキャンセリングヘッドホン »

2013年5月 3日 (金)

鳥の響展@1st Edit

Cdtori1 CD《鳥の響展ライヴ》の1st editが届く。

 第2部と第3部のオーケストラPART全5曲を収録して80分強なので、ぎりぎりのところでCD2枚組。(本当は第1部の器楽&室内楽PARTもすべて聴きたいところだが、なにしろ人気演奏家総動員なので権利関係が難しい…?)

 面白いのは、おなじみの「サイバーバード」や「タルカス」は終わった瞬間に(ロックコンサートのノリで)拍手とブラボーが入るのに、ほぼ初披露の「ドーリアン」ではフォルティッシモの頂点でドカンと終わっても「え?終わったの?」という一瞬の間が入っていること。この「ためらい間」がいかにもクラシックの初演っぽくて苦笑い。

 もちろんキース・エマーソン氏の「タルカス meets ハッピーバースデイ」もオマケ収録されていて、「爆笑」と「イエィ」と「おぉ!」が入り交じる会場の雰囲気がすこぶる楽しい。

« クラシック倶楽部 | トップページ | ノイズキャンセリングヘッドホン »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

第一部の夢色モビールの実演は魂が抜けそうでした。何らかの機会にCD化、DVD化、ニコニコ動画化wを期待したいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クラシック倶楽部 | トップページ | ノイズキャンセリングヘッドホン »