フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 第6番リハーサル | トップページ | 円柱型オーディオ »

2013年7月13日 (土)

交響曲第6番〈鳥と天使たち〉初演

Izumis  大阪のいずみホールにて交響曲第6番〈鳥と天使たち〉op.113の初演に立ち会う。演奏は、飯森範親指揮いずみシンフォニエッタ。

 前作の第5番(2001)以来12年ぶりとなるこの新しい交響曲は、「右方の鳥」「忘れっぽい天使たち」「左方の鳥」という急緩急の3つの楽章からなる30分ほどの作品で、1管編成(1-1-1-1, 2-1-1-0, pf,hp,perc3, Strings)の室内オーケストラによる一種の「管弦楽のための協奏曲」でもある。

 もともと還暦を迎えて自分の頭の中の「おもちゃ箱」を開けてみるというコンセプトなので、天使たちの章では、オカリナ、スライド笛、貝殻の鳴子、トイピアノなど(幼年時代の郷愁を誘う)オモチャ楽器も登場。

 さらに6番つながりということでシベリウス、ベートーヴェン、チャイコフスキー、ショスタコーヴィチの6番も(回想として)聞こえるほか、修業時代の現代音楽サウンドやロックおよびジャズの書法が交錯し、ついでに自作の色々な断片(あのタルカスも!)も聞こえるという、ある意味(シッチャカメッチャカな)わが音楽人生を俯瞰する「自伝」的な作品でもある。

Izumiw  ただし、この「オモチャ箱」、鬼のような変拍子と目まぐるしく変化する書式で全編が覆われた超難曲。これを見事な精度で仕上げてくれた飯森範親指揮いずみシンフォニエッタの演奏は目を見張るもので、ただただ感謝。

 CD化を前提に録音を取ってもらったので、近々(おそらくマリンバ協奏曲《バードリズミクス》あたりとのカップリングで)作品集になる予定。乞うご期待。

        *

補記:終演後のパーティで「7番は?いつ?」と散々聞かれてしまったが、交響曲というのは(比喩でも何でもなく)「子供」と同じ。生むのも育てるのも大変で、体が付いて行けるのは20代30代(かろうじて40代)まで。

 なので、今回の子は(言ってみれば)還暦を迎えて「恥ずかしながら」生まれたひさびさの女の子。それがまだ生まれたてほやほやでホギャホギャ泣いているのに「次のお子さんは?」と聞かれても・(v_v)。

 さしあたり、6番を初演し終えた作曲家の注意事項として・・・生水とコレラには気をつけようかと。

« 第6番リハーサル | トップページ | 円柱型オーディオ »

コンサート、放送」カテゴリの記事

コメント

おもちゃ箱と森林浴とバードウォッチング、期待以上でした(((o(*゚▽゚*)o)))
タルカスもいましたが、誰と戦っているのか勝手に想像したりして、楽しかったです。この作品は、気分をリフレッシュしてくれるのでサプリ代りになるかも⁈
という事で、CD発売待ってまーす^ ^

とりわけ第2楽章が沁みました。
オカリナのノスタルジックな響きから始まり、シベリウスが立ちあがった瞬間は忘れられそうにありません。
CDが待ち遠しいです。

初コメントです。
昨日は素晴らしい音楽をありがとうございました!
おまけにCD(鳥の饗展)へのサイン、さらに握手まで…感激です!
僕は特に第3楽章が楽しかったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第6番リハーサル | トップページ | 円柱型オーディオ »