フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« CD三界秀実スパーン・ポイント | トップページ | 夏隠居 »

2013年7月30日 (火)

上野星矢氏との対談

Uenos この8月に2枚目のアルバム「デジタルバード組曲」を出すフルートの上野星矢氏と対談する。

 まだ23歳!若い!!
 ちなみに私が「デジタルバード組曲」を書いたのは29歳なので、ぎりぎり二十代。無理やりこじつければ、同世代の演奏家&作曲家の(時空を超えての)夢の共演(?)と言えなくもないが、新しい世代の演奏家に憑依して昔の作品が若い血肉を持って再生を遂げる。これぞ作曲家という仕事の最大の醍醐味と改めて実感する。

 それにしても昨今の演奏家(最近私の「スパイラルバード組曲」をCD化してくれたホルンの福川伸陽氏もそうなのだが)のテクニックときたら、それはもう「凄い!」としか言いようがない。この曲も30年前の初演当時は(超絶現代曲を吹きまくる演奏家に「人間には吹けません!」と断言されるほどの)「超難曲」(しかも、「現代曲と違って間違ったら誰にでも分かってしまうのが嫌!」「楽譜通り弾けるのは100年に一度くらい」と言われ放題)だったのだが、今ではコンクールの課題曲として若い人が普通に吹く。

 考えてみれば、40年前のオリンピックでは空中で一回転するくらいで「ウルトラC(超難度)」だったのが、その程度は今では小学生でも普通にこなし、若い選手は3回転してひねりをくわえて後ろ向き着地…などというような人間業とも思えないコトをやる。彼の演奏を聴いていると、それに似た次元の違う新しい時代のクラシック音楽の息吹を感じて、頼もしくも清々しい気分になる。

 アルバムは8月21日リリース。乞うご期待。

« CD三界秀実スパーン・ポイント | トップページ | 夏隠居 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« CD三界秀実スパーン・ポイント | トップページ | 夏隠居 »