フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日

« 優しき玩具@プロトタイプ | トップページ | 音楽収録@近代能楽集 »

2013年9月19日 (木)

iOS 7

Hypercard7 iPadとiPhoneをiOS7にアップデート。

 画面のあちこちにあった立体感を表す影がなくなり、ロゴマークなどすべてが平面(ぺッたんこ)になったのが印象的。・・・この画面を見ていたらなぜか昔のHyperCard(1987)を思い出してちょっと懐かしくなった。

 そう言えば、パソコンが出始めの頃は「ここを押すんです」ということのアピールのため、画面上のロゴに影を付けて立体的にボタンのように見せたり、触れると「カチッ」と音がして凹んだり、一所懸命に機械のメカニズム感をトレースしていた。
 でも、もはや「押すとカチッと音がする」ボタンやスイッチで機械を操作していた旧世代は消え失せ、「タッチする」操作が当たり前の世代に移行した(しつつある)。そういう新しい時代の幕開けということなのだろう。

 むかしは「電話する」というのは「ダイヤルを回す」ことだった(しかも個人で持ち歩くことなど夢の夢。一家に一台、玄関にうやうやしく置いてあった!)のだが、今の若い人にそんなことを言ったら「何それ?古〜い」と笑われそう。でも、もう30年たったら今度は「スマホの画面にタッチ」も「電子メールやTwitterやLINE」も「おじいちゃん何それ?古〜い」と笑われる時代になりますぞ・・・きっと・(^_^;

« 優しき玩具@プロトタイプ | トップページ | 音楽収録@近代能楽集 »

ネット、パソコン」カテゴリの記事

コメント

玄関にあった訳は、近所の人にも貸せるように、だったのですよね。
「恋に落ちて」を歌っても、意味が通じないのですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 優しき玩具@プロトタイプ | トップページ | 音楽収録@近代能楽集 »