フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 気持ち悪いワルツ | トップページ | パート譜哀歌 »

2013年9月12日 (木)

続・M氏の引退

Kazef  宮崎駿作品を俯瞰するとき興味深いのはジブリの鈴木敏夫プロデューサーの存在だ。最近、彼へのインタビューをまとめた「風に吹かれて」という本を読んだのだが、その舞台裏の話がすこぶる面白い。

 作家気質の人というのは、そもそも「採算度外視」で全力を投入する傾向がある。私の彫刻家の祖父もその典型で、常々「金になる仕事とならない仕事があったら、金にならない仕事の方をやる!」と豪語していた人。仕事を引き受けても代金のことなど口にもしない。お金について話すことすら「恥ずかしい」「下品」と言ってはばからないという文字通りの「なんとかバカ」である。私もその血を濃厚に受け継いでいる。

 そういう人が仕事に全力を傾ければ傾けるほど、経済的にも健康的にも危険水域に入ってゆくのは自明の理。宮崎監督も(どう見ても)その手の職人肌(氏自身「町工場のおやじ」と言っているがまさに言い得て妙)だ。

 しかし、彫刻や作曲なら「貧乏」だけで済むが、制作に何億もかかる劇場用アニメを数百人がかりで作るには「大金」が必要。勢いで一本作れたとしても、それで数億円の借金を抱えたら、人生にもう「次」はない。氏ひとりだったら、おそらく「トトロ」(1988/47歳)あたりで大借金を抱えて作家生命が終わっていただろう。

 あの黒澤明監督ですら61歳(1971年)で自殺を試みているくらいだから、創作者として「更年期」を超え生き残るのは、どんなに「才能」があってもダメ。「運」が1ダースほどと「悪魔との契約」が必要だ。(しかも、願いをすべて聞き届けるかのように見えて、実は運命を手玉に取り破滅すれすれを歩ませる「ファウスト物語」のメフィストフェレスのような悪魔である)

 というわけで、作家にとって極めて重要なのは、才能より運よりお金より「悪魔」と出会えるかどうかだと常々思っていたのだが・・・なるほど。氏はその「悪魔」に出会えたのだ。

(それはファンにとっては極めて幸運なことだったが、さて、当人にとって「幸運」だったのか「不幸」だったのかは・・・知る由もない)。

« 気持ち悪いワルツ | トップページ | パート譜哀歌 »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気持ち悪いワルツ | トップページ | パート譜哀歌 »