フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« ブラボー!オーケストラ収録 | トップページ | 優しき没後40年 »

2013年10月17日 (木)

音楽とホラーの記憶

Texaschainsaw 昔から、なぜか仕事をしながら観るBGVはホラー系の映画が多い。お気に入りは「シャイニング」(1980)や「エイリアン」(1979)あたりのクラシックだが、むかし「レンタルビデオ店」が流行り出した80年代には小さなお店の「B級ホラー」の棚をコンプリートしたことがある(笑)。

 ただし映画館などの大画面で観ることは(決して)ない。そもそも「痛そう」なシーンは歯医者すら苦手だし、しっかり高所&暗所&閉所恐怖症なので、モニターに流しながら横目でちら見するだけ。だからストーリーを憶えているモノはあんまりない。(・・・それってもしかしてヘタレなんじゃ・・・(=_=)

 ちなみに怪談やSFは好きだが、霊も宇宙人も信じてはいない。その点に関しては、むかし某有名SF作家がやはり「宇宙人が居るなんて信じてません」と衝撃の告白をして読者に非難されたとき、見事にこう説明している。「じゃあ童話作家はクマさんが喋ると本気で信じていると思いますか?」(そりゃあ、故やなせたかし先生だってアンパンが喋ると本気で信じていたわけではなかっただろうし)d(^-^)

 そのあたりの矛盾は昔から漠然と不思議だったのだが、最近何となく分かるようになった。音楽を作ったり物語を空想するというのは、要するに現実世界(知性)から遊離して脳の表層から深奥へと降りてゆく行為。その時に脳や記憶の古い階層にある「恐怖」とか「未知のモノへの不安」というような本能的な感覚に抵触するのではなかろうか。
 …と、そんな思い付きを何らかの形で本にまとめるのが、老後の楽しみにとっておいた仕事のひとつ。

 かのホームズもこう言っている。「音楽を創ったり鑑賞したりする力は・・・言語より遙かに古くから人類に備わっていた・・・。僕たちが音楽を聴いていいようもなく感動を受けるのは、きっとそのためなのだ。我々の魂の奥には、世界の幼年期の霧に包まれたような日々のおぼろげなる記憶が生きているのだよ」

« ブラボー!オーケストラ収録 | トップページ | 優しき没後40年 »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブラボー!オーケストラ収録 | トップページ | 優しき没後40年 »