フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 花は咲くProject | トップページ | 続(新)優しき玩具 »

2013年10月10日 (木)

失踪日記2/アル中病棟

Alc

 吾妻ひでお「失踪日記」(2005)の続編「アル中病棟」(新刊)を読む。

 私は…毎日欠かさず酒は飲んでいるが…アル中ではない(はず・・・?)。なので、この病気に対するシビアな意識は薄いのだが・・・同じ「作家」として「モノを作る人間」が味わう天国と地獄、(俺は天才だ!という)充実感と(俺はダメなんだ!という)疎外感、躁と鬱(正気と狂気)の交替、周りの人たちや社会や仕事やお金や死や病気に対する(夢と現の狭間を漂うような)距離感、などなどはとても他人事とは思えず、リアルにグサグサと胸に迫る。

 呑気に音楽やマンガを書いている=好きなことをやっている…と思われがちだが、自分の創造(想像)力だけを拠り所にして生きるというのは(たった一人でロープ一本を頼りに断崖絶壁をよじ登るような)危険きわまる行為。忙しさにかまけている時は気付かないが、ふと立ち止まった時などには…軽くて「失踪や隠遁願望」、重い時には「鬱」とか「死への誘惑」が背中にぺったり貼り付いているのを感じることが確かにある。(手塚治虫師などは、それを感じるのが怖しくて「一瞬も手を休めない忙しさ」の中に自分を追い込んでいたのかも知れないとさえ思う)

Azuq

 一応は「夢を売る仕事」?なので、普通はそんな(話すと人が引いてしまうような)暗い話はしないものだが、この書は(太宰治好きな作者らしく)全編その闇の世界に踏み込む。・・・にもかかわらず、このモーツァルト的で軽やかなタッチはどうだろう。
 特にこの2コマ→は衝撃だ・(@_@;)・はははは・・・

« 花は咲くProject | トップページ | 続(新)優しき玩具 »

本CD映画etc」カテゴリの記事

コメント

>手塚治虫師などは、それを感じるのが怖しくて
>「一瞬も手を休めない忙しさ」の中に自分を追い込んでいたのかも知れない

うーん、鋭い指摘。事実その通りでしょう。ところで「毎日欠かさず酒は飲んでいる」ということはどう見ても立派なアルコール依存症なので、養生なさってください。休肝日を設けないと死亡率が格段に上がるのは実証済みです。

http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/299.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 花は咲くProject | トップページ | 続(新)優しき玩具 »