フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 続(新)優しき玩具 | トップページ | 音楽とホラーの記憶 »

2013年10月15日 (火)

ブラボー!オーケストラ収録

40  NHK504スタジオでFM「ブラボー!オーケストラ」10月分残り1本の収録。

 11月03日(日)放送分は、レスピーギ「ローマの祭り」と「ローマの松」(アンドレア・バッティストーニ指揮。2013年05月30日第78回オペラシティ定期より)
 11月10日(日)放送分は、チャイコフスキー交響曲第5番ホ短調(大植英次指揮。2013年6月6日第79回オペラシティ定期より)演奏はいずれも東京フィル。

Batti  圧巻の「ローマの祭り」を聴かせたバッティストーニ氏はまだ二十代半ばの新進気鋭の指揮者。
 クラシックの指揮者というのは、とかく「大きすぎる」「早すぎる」「きれいな音で」とオーケストラの手綱を締めすぎるきらいがあるけれど、豪快に(まるでロックバンドのように)オーケストラを鳴らしまくる彼の演奏を聴くと、「普通にロックコンサートなどを聴く感覚でオーケストラの指揮をする指揮者がようやく出てきたのかも知れない」と感じる。
 6つ上の鬼才ドゥダメルもそうだが、新しい感覚の新しい世代の台頭に大いに期待。

Tchaikovsky  もう一つ、これは余談の余談だが、チャイコフスキーが交響曲第5番を作曲した1888年というのは、ロンドンに切り裂きジャックが出没した年。ということは、5番の作曲を終えてチャイコフスキーが開いた新聞には「切り裂きジャック」のニュースが踊っていたことになる。

 さらによく年表を見ると、ジャックはチャイコフスキーが第5を完成した8月に殺人を開始し、初演を迎えた11月にパタと犯行を止めている。…も、もしかしてチャイコフスキーが犯人??…なわけはないが、何か音楽ミステリに出来そうな面白いネタなような気が…しないでもない。φ(.. )

« 続(新)優しき玩具 | トップページ | 音楽とホラーの記憶 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

 音楽ミステリーといえば、8月30日にご紹介いただいた「クラシック音楽はミステリーである」電子書籍版、ちょうど読了しました。とてもおもしろく楽しめました。

いつも、「ブラボー!オーケストラ」では、東京フィルの演奏とともに、吉松先生の解説を楽しませていただいていますが、昨日(10月20日)の放送で、ベートーベンの交響曲第一番を「ひねくれていない」と評されたのには、異論があります。この曲は、ハ長調としていながら、ハ長調の主和音(C、E、G)ではなく、ヘ長調の属七の和音(C、E、G、B♭)で始まります(B♭が余分)。出だしから、ひねくれていませんか?ベートーベンの交響曲で、ひねくれていなくて、すがすがしいのは、第二番ぐらいだと思いますが。

こういうリスナーさんたちを相手に
お話ししなければならないのですから
気苦労は絶えませんね。
お察し致します gawk

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 続(新)優しき玩具 | トップページ | 音楽とホラーの記憶 »