フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日/29日
    ・11月05日

« iPad Air | トップページ | N響《花は咲く》Project »

2013年10月25日 (金)

iPad肘

Elbow かれこれ十数年ほど前から、右肘の痛みに悩まされていたが、それがどうやら「テニス肘」らしいと言われて驚いたことがある。(なにしろテニスどころか運動は全然しないのだから)。
 これは一日中パソコンでマウスを操っているのが原因とのこと。微妙に右手を浮かせてマウスを操作するのが肘辺りの筋肉を疲労させていたのらしい。(その後、ターボマウスを使い出して少しは症状が和らいだのだが)

 一方、スマートフォンの登場以来、若い人の間に急増しているという「スマホ症候群」は、肩こりや首の痛みが中心とか。これは、うつむいてスマホの画面を覗き込む姿勢に問題があるようだ。(もっとも、これはデスクワーク系の人間にとっては昔からの職業病のようなものだ)

Ipadelbow_2  と思ったら、最近は左肘と手首が痛い。「今度は何?」と首をひねったが、どうやらiPadを片手(左手)で持つため、左手の肘と手首の筋肉に疲労がたまる症状らしい。 
 そう言えば、最近読書(および新聞)はもっぱらiPad片手に一日数時間。軽いとは言え、iPadで600g、iPad miniでも300g。登場(2010年)から3年めにして症状が現れたということか。

 さて、これを「iPad肘」というのか「iPad炎」とでもいうのか、正式名称はさだかではないが、そのうち誰かがそれらしい名前を思いつくことだろう。

« iPad Air | トップページ | N響《花は咲く》Project »

ネット、パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« iPad Air | トップページ | N響《花は咲く》Project »