フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« ヤマハ銀座 Web Shop | トップページ | 花は咲く@オムニバスCD »

2013年12月17日 (火)

ブラボー!オーケストラ収録

40 NHK504スタジオで FM「ブラボー!オーケストラ」来年1月分1本の収録。

 今回は1月12日(日)放送分で、ベートーヴェン「ピアノ協奏曲第2番」(p:中村紘子)、指揮:広上淳一(2013年4月12日第831回サントリー定期)。ディーリアス「楽園への道」「春を告げるカッコウ」、尾高忠明指揮(同6月2日第56回午後のコンサート)。演奏:東京フィル。

 ディーリアスというと高校生の時に見たBBCの音楽映画「Song of Summer」(1968/監督:ケン・ラッセル)を思い出す。晩年のディーリアスの処へ作曲の手伝いに行くフェンビーという青年視点の音楽物語なのだが、その頃のディーリアス(おそらく70歳前後)は梅毒で失明し黒眼鏡に車椅子という世捨て人に近い偏屈頑固な怖い老人。それが「夏の歌」というオーケストラ作品を作曲するのに(目が見えないので楽譜が書けないため)助手の手を借りるのだが、「チェロがD!」「クラリネットがB♭からラーラーラーとメロディ!」「対旋律が第2ヴァイオリンでフンフーン」というように矢継ぎ早に繰り出される指示を口述筆記でスコアにしなければならない。当然「書けたか?」「書けません!」「この役立たず!」というような凄まじい修羅場が展開するわけなのだが・・・この偏屈頑固な怖い爺さんの作る音楽の美しいこと美しいこと!!!

Delius  そもそも作曲家のリアル実像と音楽とは違うことが多い。モーツァルトの音楽を聞いたサリエリは「あんな下品な男があんな美しい音楽を書くなんて!」と嘆き、タケミツの音楽を聞いたストラヴィンスキーは「こんな厳しい音楽をあんな小男が書くとは」と賞賛し、私の音楽を初めて聞いた某プロデューサー氏は「あんな眼鏡をかけたドラえもんみたいな男がこんなキレイな曲を書くなんて!」(笑)と憮然としていたくらいで、作曲家の実像などは知らない方が幸せなのかも知れない。
 
 というわけで、これで今年の仕事は全て終了・・・・・のはず。

« ヤマハ銀座 Web Shop | トップページ | 花は咲く@オムニバスCD »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤマハ銀座 Web Shop | トップページ | 花は咲く@オムニバスCD »