フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日/29日
    ・11月05日

« 隠響堂日記 (八分音符の憂鬱…あらため) | トップページ | 20年め・・・ »

2014年1月 5日 (日)

POSER道楽

Posersamplea 数年前から(仕事の合間に)POSERというソフトで遊んでいる。

 もともとは名前の通りモニター上のモデルに「ポーズ」を付けさせるソフトで、昔(登場したのは1995年頃)は、人間を描く時の「下書き」(右下)に使える程度だった。

 しかし、最近はその精度が上がったのと、様々な素材コンテンツがネットSHOP(もちろんほとんどがMade in U.S.A)で手に入るようになり、世界がぐっと広がった。

 モデル(人間=Figure)以外にも、色々な道具=Propsや舞台場面=Scene、服や髪型やポーズなどが数ドルから数十ドル程度で手に入り、ファンタジーやSFからアニメ調さらにちょっとHな世界までをイラストやコミックスとして作り上げることが出来、手間をかければアニメーションとして動かすことも出来る。

Poserb
 最新版(Poser pro)では、素材表面のテクスチュアや影や反射などがさらにリアルになり、驚くべき世界が眼前に広がるが、さすがに物凄い計算量が必要と見えてソフトは重量級。相当ハイスペックなパソコンを使わないと影ひとつ付けるのにジブジブと時間ばかりかかって、一日がムダに過ぎてゆく。

 しかし、少なくとも、これさえあれば老後も「飽きる」ことは無いような気がしないでもないような気がしないでもない・・・φ(.. )

« 隠響堂日記 (八分音符の憂鬱…あらため) | トップページ | 20年め・・・ »

ネット、パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 隠響堂日記 (八分音符の憂鬱…あらため) | トップページ | 20年め・・・ »