フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« 雪景色の向こうのアフリカ | トップページ | アンネの日記事件 »

2014年2月20日 (木)

スキャナーSV600

Sv600a大判の手書き楽譜(主にスコア)をスキャン入力する必要にかられ、ScanSnap SV600という機種を手に入れる。

既に持っている箱形のScanSnapはA4までのばらけた原稿には最適だが、綴じた本やB4以上の大判の原稿のスキャンは不可。そこで電気スタンド(オーバーヘッド)型のこの器械に望みを託したわけだが・・・

文字通り「電気スタンド」型の頭から光を出して下に置いた原稿を読み取るので、見開きにした分厚い本でも読み取り可能。カラーで最高600dpi、白黒(グレー)なら1200dpiで読み取る(1pあたり4〜5秒くらいか)ので、PDFにしてiPadで読むような自炊は楽勝だ。

ただ、斜め上30センチくらいの処から光を発して読み取るので、微妙に歪む。ページの歪み自体は同梱の専用ソフトで修正できるので、普通の文字では気にならないが、楽譜では五線がかすかに歪んでしまうのが難点。まあ、気にしなければいいという程度の歪みではあるのだけれど。

Scansnap_2 さらに、基本的に1ページ1ページ開いて〜スキャンして〜歪みを補正して〜保存して〜という手作業になるので、これを何十ページもやるのは・・・かなり大変・(×_×)

これに《ページめくり専用ミニ妖精》が付くと嬉しいのだが・・・。

« 雪景色の向こうのアフリカ | トップページ | アンネの日記事件 »

ネット、パソコン」カテゴリの記事

コメント

この機材はひところyoutubeの一般の方達が上げられている
動画で頻繁に見ました。
いわゆる自炊のための機材ですね。
いちいち本を裁断して一枚ずつ読み込むより
確かにこちらのほうが多少でも作業要領はいいように思いました。
しかし今日日は作曲家の方が御自身で過去に書かれた譜面を自炊されるんですね。
ポピュラーやサウンドトラックの作曲家の方と違ってクラシックの作曲家は
記録として残るから良いですね。

もうすぐフィナーレ2014がでますね~。
もちろんお買いになりますよね?
今から楽しみです!!coldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪景色の向こうのアフリカ | トップページ | アンネの日記事件 »